2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
グラント・グリーンFEELIN' THE SPIRIT
2006/04/22(Sat)
20060421142205.jpg
グラント・グリーン
FEELIN' THE SPIRIT

今日の一枚。
昨日のコテコテオルガンの次にコテコテギターを。グラント・グリーンは60年代から70年代にかけて活躍したジャズ・ギタリスト。

モブレイやマクダフのアルバムでは聴いていましたが、リーダー作を私はあまり知りません。90年代にクラブ・ジャズのブームとともにソウルフルでブルージーなグリーンのスタイルは、ジャズ以外の様々なジャンルに影響を与え続け人気が再燃したようです。

本作『FEELIN' THE SPIRIT』は、 黒人霊歌を唄いあげるグリーンを知る上で欠かせない名盤。ピアノに若きハービー・ハンコック参加で、刺激しまくりが聴きどころ。グリーンのギターは、洗練されたバレルやケッセルとは違い、また力強いウエスとも違い、ファンキーさが特徴的で素朴で土臭い哀愁があります。

グリーンのゴスペルからブルースを基盤とし土臭さがあるためいわゆるモダンジャズの王道を外れた、ブルース基調の黒っぽい演奏は、本来のジャズ好きな方にすればどうなのでしょうか。私は嫌いではないのでこの路線を聴いてしまうとどんどんハマってしまうのですが・・・女性好みではないような・・おしゃれなジャズからかけ離れる気がするので、「ジャズはこれから。おしゃれなジャズを。」という「初めてジャズ」の女性にはちょっと・・・

グラント・グリーンのサイドメンとしての演奏は、ハンク・モブレイの『ワーク・アウト』アドリブのはじめに飛びだすところが絶妙です。
この記事のURL | Jazz  Guiter | CM(13) | TB(1) | ▲ top
コメント
- 負けそ! -
私より少し上の世代に、増尾好秋、川崎瞭とか登場した頃、当時の(ジャズ)ギター・キッド達(今はオジサン)が好んでコピーした代表の一人がグラント・グリーンだったと思います。
しかし、当時でも一般の人には認知度は低かったと記憶してます。
bluerose さんも、半端でないですね!
CD持ってませんが、数多いアルバムの中で、評判が高かった一枚だったと思います。
2006/04/22 01:14  | URL | ozawa #mJxP.Gqk[ 編集] ▲ top
- ozawaさんへ -
うぅぅぅぅ・・・女性としては趣味悪すぎでしょうか(;一_一
わたしはモブレイなどのアルバムでサイドメンとしてはきいていたのですが、リーダー作はあまり知りません。
次はおしゃれなジャズにしますね~
2006/04/22 10:06  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
- すごいよ! -
女性として差別するわけではないのですが、
こういうものを好きだと感じられる感性が女性としては信じられないくらいです。
でも、それはすごく素敵なことだと思います。
2006/04/22 10:50  | URL | おっくん #4LGIOTDw[ 編集] ▲ top
-  -
こんにちは。
このアルバムいいですよね。
グランとのギターとハンコックのピアノの対比が面白くて好きな1枚です。

>女性としては趣味悪すぎ

好きな音楽を聴くのに男性も女性も関係ないんじゃないでしょうか。
気にせず、この調子で!

ついでにトラックバックしてみました。
よろしくお願いします。
2006/04/22 11:26  | URL | piouhgd #-[ 編集] ▲ top
-  -
コテ・オルの次はG.グリーン、ホントに子分にしてもらいたい心境です。ファンキーなシングル・トーンをひたすら繰り返す。意味も無く。そこが、たまらな~くイイんですよ。大好きなギタリストです。この人が好きだという女性を初めて見ました。あっ、まだお目にかかってませんね。
2006/04/22 12:04  | URL | Groovy Catの飼い主 #-[ 編集] ▲ top
- おっくんへ -
>女性としては信じられないくらいです

おっくんと同じく、すきなものは広範囲に聴いてきたので、 アクが強くても抵抗なく聴けるのかもしれません。 ケド、イメージ落ちたかな~(^_^メ)
2006/04/22 18:44  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  piouhgd さんへ -
ここにハンコックがいるとはびっくりですよね。
はじめはそうとは知らずに聴いてました。
グリーンのグリグリワールドってかんじです~♪
こちらからもトラックバックさせていただきました。
2006/04/22 18:48  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
- Groovy Cat君のおとうへ -
>ファンキーなシングル・トーンをひたすら繰り返す。意味も無く。そこが、たまらな~くイイ

針が飛んだか傷なのか壊れたのかと思うほどです。

>子分にしてもらいたい心境です
>この人が好きだという女性を初めて見ました。

そそそ・・そんなぁ・・おそれいりますぅ・・・(ーー;)
おとうのジャズ話、わからなくて突っ込みいれられない私ですし。


2006/04/22 18:55  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/04/22 19:43  | | #[ 編集] ▲ top
- 尊敬します♪ -
>ケド、イメージ落ちたかな~(^_^メ)

そんなことありませんよ。
その逆ですよ。
尊敬してしまいました。
本当に音楽が好きなんだなぁと思えてうれしいです。
2006/04/23 01:36  | URL | おっくん #4LGIOTDw[ 編集] ▲ top
- おっくんへ -
えええぇぇぇぇー
おはずかしぃ・・・・・・
私はしってることしか書けないので(当たり前ですが)おっくんのブログは広い範囲でお勉強になります♪
2006/04/23 21:25  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
こういうの聴いている女性ってかっちょいいと思います。
今後も、お互いにジャズの裏街道を突っ走りましょう。。。
2006/04/24 13:44  | URL | turu #-[ 編集] ▲ top
- これははまります! -
今日CDが届いたので、いろいろ聴いています。
こちらの日記にも書いたのですが、なんだかはまるのですよ。
なんでかな~と思ったら大好きなミュージシャンの演奏に似ていたのです。
いや逆ですね、そのミュージシャンは、
彼らの音楽を目指していたのかもしれません。
そんなこともあって、なかなか寝る気になれません、聴きっぱなしv-10
2006/04/29 23:27  | URL | ベランダー #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://bluebossa07.blog49.fc2.com/tb.php/98-b936245f

- 月刊グラントグリーン2月号 -
Grant GreenFeelin' The Spirit62年にレコーディングされたアルバム。"Am I Blue"が、ゴスペルやR&B色の強いアルバムであるのに対し、このアルバムではスピリチュアル(霊歌)と呼ばれる音 …
2006/04/22 11:18  call it anything
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。