2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
『Zoot』  と 『Zoot ! 』
2007/02/17(Sat)
zoot.jpg

Zoot Sims/Zoot
Zoot Sims(ts, ss), John Williams(p), Gus Johnson(ds), Knobby Totah(b)

黒いジャズが好きな私ですが、最近一番聴くことが多いのがズートです♪
あまりその音楽をよく知らなかったズート・シムズを、ニャンだジャズだのG・CATの飼い主さんから知り、ズート・シムズは私の愛聴盤、そして「集めたい病」になりました。

ズートはどのアルバムも歌心に支えられた暖かくて楽しいノリで、リラックスして没入できる、この心地良さ♪♪ 上手く表現できないけれどすっかり繰り返し聴いてしまうほど好きになり、リーダー作の全部収集をしたくなったジャズマンです。気に入るとしばらくそれだけで手一杯、収集癖ウズウズになる私。好きになるとズートとはどんな人だったのかいろいろ気になり、その生い立ちなどが知りたくなるものです。ズートの本は出てないのかなあ。

集めたい病のきっかけになった、このアルバム『Zoot』は痛快なワン・ホーン・アルバム、これからズートをというかたにもお勧めの一枚。寝転がりながら心地よいテナーに包まれたくなる、そんなジャズです。ピアノの John Williamsも聞き所。50年代ジャズの魅力を最大限に捉えたアルバムで、寺島靖国氏が著書の「JAZZリクエストノート」の中で、『920 Special』はまさにモダン・ファンにとってのキング・オブ・スィングの称号、これはズートのためにある』と仰ってます。
私は特に、『920 Special』『Bohemia After Dark』が大好き。優しいズートの音に触れる事ができ、繰り返しずっと聴いていたくなります。

Zootrev.jpg

Zoot Sims/Zoot!
Nick Travis(tp), Jack "Zoot" Sims(as, ts), George Handy(p, arr), Wilbur Ware(b), Osie Johnson(ds)

こちらは『Zoot ! 』。同名タイトルにビックリマークつき!サックスとトランペットの組み合わせで2管ならではの『Echoes of you、Fools Rush in』心地良い。
ジャズ好きならズート・シムズを堪能せねば!!



この記事のURL | Jazz  Sax | CM(18) | TB(1) | ▲ top
コメント
-  -
Zoot Simsは
歌を歌うように演奏するんですよね
歌詞が聞こえるようです。
いいですね。
2007/02/17 12:07  | URL | Azumi #-[ 編集] ▲ top
-  -
ZOOTは私も大好きです!
若い頃から晩年までずっといいですね。
「ズートはずぅーっとええでぇ~!」と
むかし通ったジャズバーのマスターが口癖のように仰っていました(笑)
アルバムですが、サイドメン参加まで含めると全部で軽く500枚を超えるそうです。
コンプリートは難しいですが、リーダー作だけでも集めたいものです。
酒好きだったのは有名ですよね。
ステージで酔っ払って客席に倒れ落ちたこともあるとか。。
2007/02/17 12:11  | URL | 久保田豊秋 #-[ 編集] ▲ top
-  -
こんにちは。
ズートて初めて名前聞きました。結構いかつい感じやけど
優しいテナーの音を聞かせるて、すごく興味湧きました!
来週絶対、買いに行こ~と♪
2007/02/17 16:37  | URL | はぐれ雲 #-[ 編集] ▲ top
-  -
おおお~とうとうブルー姉さんもズートのとりこに。。
ホントにうれしーなー。ズートは女性ファンが
ぜんぜ~んいなかったから天国の彼も大喜びですよ。
今晩あたり枕元に現れて「blue rose」を
お礼に演奏してくれるかもしれませんよ。
え、現れてほしくない?
2007/02/17 18:22  | URL | Groovy Catの飼い主 #-[ 編集] ▲ top
-  -
bluerose様、こんばんは。
若い頃は、白人にジャズがわかるもんかと言う偏見があって白人ジャズメンはあまり聴きませんでした。特にズート・シムズは白人でしかも日本人嫌いと言うことで無視していた時期がありました。
でも少し年をとって、色眼鏡を外して聴いてみると結構イカシテいるなと思っています。
ご紹介されているアルバムももちろん良いのですが、私の店では「ズート・アット・イーズ」をよくかけています。ジャズを知り尽くした男、ハンク・ジョーンズとの共演盤です。ズートの素晴らしいソプラノ。そして要所を引き締めるハンクのピアノ。ご機嫌です。
2007/02/17 22:27  | URL | KAMI #-[ 編集] ▲ top
-  -
Zootイイですね。
この2枚は、どちらも1956年の録音ですね。
1956年というと数多くのジャズの名盤が生まれた年です。
生まれたといえば・・・ですね。
2007/02/18 01:10  | URL | george #-[ 編集] ▲ top
-  -
★Azumiさん
最近この心地よさにハマリ特によく聴いていますが、
もっと早く知っていればよかったあ|
2007/02/18 01:17  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
★久保田豊秋さん
ズートが嫌いだという人いないですね。
でも女性で好きだというひとに出会いません。何故なんでしょう・・・。
いろいろ知りたくてネットでも最小限調べたりしたのですが、サイドまで含めると500枚ですか!それは全部収集まにあいませんね(笑)
リーダー作だけは全部きいておきたいです~
2007/02/18 01:26  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
★はぐれ雲さま
白人テナーマンですが、私はコテコテの黒人ジャズがすきなのでズートはあまり知りませんでした。
でもこの心地よさは聴き始めると絶対にハマリます!!
是非おためしくださいませ~♪
2007/02/18 01:30  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
★Groovy Catの飼い主さん
収集癖がウズウズしてるよ~。
ズートがblue roseやってるやつってあるんですかっ!!
女性ファンがいない・・というのはなんでかなあ??私も女性ではズート好きだというのはきいたことがないけど、ジャズはよくわからないという女性にもこの心地良さ聴いて欲しいですけどね。
男性は皆さん 大好きって仰いますね!
2007/02/18 01:37  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
★ KAMIさん
こんばんは。
そうですね、私も黒人ジャズばかり聴いていたのですが、ズートの暖かい雰囲気は他にはない雰囲気ですね。
それに気付いてからは沢山きいてみたくなり、集めたい病になってしまいました(笑)
Zoot At Easeもハンク入りで大好きです。晩年のアルバムでは最高ですね!
2007/02/18 01:45  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
★georgeさん
こんばんは。
すっかりごぶさたしてしまってごめんなさい。
変わらず音楽は聴いているのですが、ブログに書くきっかけがない。。というか、皆さんのジャズ記事を拝見すればするほど書けなくなってしまいました。
そうなんです!この2枚、同じ時期のものなんですよね。この56年のヒミツ、georgeさんと私しか知りませんですね~(笑)!!!
2007/02/18 01:51  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
56年?・・・・・さては!(プッ!)

僕もビックリマーク無しのほうの「ZOOT」持ってま~す♪
ねんさん、はまってるんですか!いいことです。(^^)
2007/02/18 19:44  | URL | カルロス #-[ 編集] ▲ top
-  -
★カルちゃん
56年はジャズ名盤が沢山生まれたとしだよね~
ズートコレクションはじまってるよぉ!
2007/02/18 22:32  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
- こんばんは。 -
Zoot Sims
私も大好きです。
気がつけば体がリズムをとってしまう感じが心地よいです。

“ズートにハズレなし”といわれるくらい
生涯安定したプレイを聴かせてくれた人なので、
好みの編成で好きな盤が決まるのではないでしょうか?

それにしても大酒飲んで管楽器を演奏するだけでも
信じがたいのにあのフレーズとリズムが飛び出すの
だからやっぱり凄いひとですねぇ。
2007/02/20 23:14  | URL | hanadoro #TY.N/4k.[ 編集] ▲ top
-  -
blueroseさん同様、私も真っ黒いジャズが好きなのですが、Zootさんは大好きです。顔怖いですけど...

私のベストテナーマン、レスター・ヤング様の芸風を受け継いでおられる所がいいっす。。。
2007/02/21 12:15  | URL | turu #-[ 編集] ▲ top
-  -
★hanadoroさん
はじめまして。コメントをありがとうございます。
ズートは大好きだというかたがおおいですね!!
私もこの心地よさにすっかりハマってしまいました。
でも女性ではまだ出会いません。どうしてでしょう~
2007/02/22 17:51  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
turuさん
ごぶさたしてしまってごめんなさーい。
パソコンが重くて読み逃げしちゃってます。文章が沢山書けない状態なの。レスやっとこさ。
ズートは今までよく知らなかったけど、この軽快で暖かい感じは捨てがたいですよね。
2007/02/22 17:55  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://bluebossa07.blog49.fc2.com/tb.php/472-d6e5432f

- Somethin' Else -
一般的には1曲目に有名な「枯葉」が収録されているということで人気があるようですが、むしろマイルス・デイビスがハンク・ジョーンズ、サム・ジョーンズ、アート・ブレイキーという名手と共演した、ということがすごいことだと思います。ジャケットはいたってシンプルでメ …
2007/09/26 08:02  ジャズ サックスの1日
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。