2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
オルガンのラリーヤング
2006/07/10(Mon)
unity.gif
ラリー・ヤング/ Unity

ジャズは何を書いたのかわからなくなってきました。先日カテゴリーを整理しましたが、猫あり花ありでごちゃごちゃだなぁ。いったい何ブログなのかわからなくなってまーす。

暑苦しいと言われそうですがオルガン。王道のジミー・スミスと、黒いジャック・マクダフを書きましたが、忘れてはいけないラリー・ヤング。ジミー・スミスのソウル・オルガンとは一線を画したシャープなオルガン・スタイルです。オルガンジャズという範疇を超えて、60年代ジャズの良さが満載のアルバムだと思います。

このアルバムでは、ウディ・ショウ、ジョー・ヘンダーソン、エルヴィン・ジョーンズという最強のサイド。

ウディ・ショウのオリジナル曲「Zoltan」はハンガリーの作曲家ゾルターン・コダーイのこと。歌劇『ハーリ・ヤーノシュ』からモチーフがとられている。ウディ・ショウは演奏のほうでも切れ味鋭くフレッシュなフレーズを連発。このひと好き。
ジョー・ヘンダーソンの集中力が素晴らしく、ジョーヘンが最も輝いていた時期。エルヴィン・ジョーンズは重量感のあるドラムがあおりまくり、完全燃焼。興味を持たれたら騙されたと思って聴いてみてください。



この記事のURL | Jazz  Organ | CM(18) | TB(1) | ▲ top
コメント
-  -
このアルバム、アマゾンでは980円で手に入りますよ。
Larry Youngで検索すれば一番最初に出てくるはず。
主役のヤングはもちろん、ホーンセクションがいいですよね、このアルバム。

それと、遅ればせながら、おめでとうございます!
2006/07/10 12:53  | URL | piouhgd #-[ 編集] ▲ top
-  -
コダーイですか。専門じゃないので話半分で聞いて欲しいのですが、コダーイの曲は音階などが、日本のわらべ歌と共通する部分があって、日本人には興味深いみたいです。
この「ゾルタン」という曲は、どんな風なんでしょう。
2006/07/10 13:47  | URL | nyankai #-[ 編集] ▲ top
-  -
オルガンだからといって、ソウル・ジャズのような内容を期待して聴くとえらい目にあいますね。

ラリー・ヤング...このようなオルガン弾きが居てもいいと思います。その個性がすばらしい!
2006/07/10 14:02  | URL | turu #-[ 編集] ▲ top
-  -
あ、すごーく興味あります。ジャズでオルガンは珍しいんでしょうか?
私は最近メタル系ロックを聴く機会が多いんですが、こちらはかなり使われています。 オルガンの音色はかなり好きです。
’60年代というのが、ちょっと気になりますが、ノンビリスィング系なんですか?
2006/07/10 14:31  | URL | Nob #-[ 編集] ▲ top
-  -
★piouhgdさん
ありがとうございます。こっそり書いたんですけど
piouhgdさん見つかっちゃいましたね"^_^"
ここが頂点かなと思うのですが、この後フリーやロック系やってるんですよね。今まで何系の音楽を聴いたのかで、どの時期が好みなのかが分かれますね。
2006/07/10 20:53  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
★nyankaiさん
私もよくわかりませんが、ハンガリーでは名前と氏が逆で正しくはコダーイ・ゾルダーンなのですね。異国探訪心をくすぐるんだとおもいます。これはオルガンなので全く雰囲気が違うんです。
2006/07/10 20:58  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
★turuさん
リーダー作をあまりしりませんが、これはよかったです。後半のマイルスでもやってるんですが、私はダメでした。マイルス自体も。
2006/07/10 21:01  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
★Nobさん
これね、Nobさんが聴かれているフュージョン寄りなジャズや、エバンスあたりですと、ちょっと違うのかも、とおもうんです。私は50~60年代のものが好きですが、Nobさんがダメだというディキシーではないので、機会があれば聞いてみて。あと私のカテゴリオルガンのなかに書いてるやつ、オルガンのコテコテ系です。
オルガンは昔は正統派ジャズからは無視されていたようですが、最近はクラブ系からこの辺のが人気が出てきたそうなんです。
メタルロックですか、うーんメタルにオルガンが入ってるの?私、メタルはキッスエアロまでしか知らないにゃ。
2006/07/10 21:10  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
ラリー・ヤング・・・知らなかったですぅ。ジョーヘンも入っているなんてそれはよさげな感じです。買ってみよ(^^)
2006/07/10 21:26  | URL | カルロス #-[ 編集] ▲ top
-  -
えと、どこへカキコすればいいのか分からなかったのでこちらへm(_"_)m
トップ・ページ、相互リンク(音楽サイト)、ブログ~ジロ,ツール,ブエルタ&ジャズ~の3ヵ所へリンクしました(*^_^*)
どうぞ、確認してくださいm(_"_)m
2006/07/10 22:32  | URL | Kyo #V54S/nVg[ 編集] ▲ top
-  -
あ、、また騙された、、。
最近棚がきっつきっつになってきました。
2006/07/10 22:35  | URL | ベランダー #-[ 編集] ▲ top
-  -
★カルロスさん
オルガンいやじゃなければ、ラリーヤングはコテコテすぎないから良いかも。
2006/07/10 23:50  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
★Kyoさん
こんばんは。コメントは何処でもいいんです。うれしいです~猫も花もあってごちゃごちゃしてるので申し訳ないです"^_^"。ジャズのカテゴリーを分類してみました。
2006/07/10 23:52  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
★ベランダーちゃん
こういうオルガンもまたスマートで良いよー♪
サイドについつい目がいってしまうっしょ(^^♪
2006/07/10 23:54  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
ジョヘン、ウディ・ショーにドラムがエルビン、オルガンによるモードジャズですね。まさにオルガンのコルトレーンです。
2006/07/11 00:49  | URL | george #-[ 編集] ▲ top
-  -
★georgeさん
オルガンはファンキーなのが好きですが、こういうのもまたいいですね。
2006/07/11 09:46  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
このアルバムは「ムーントレイン」やってますよねっ♪
ウディ・ショウ永遠の名曲です。
私はこの曲が入っているアルバムは、無条件で買っています。
2006/07/16 09:49  | URL | サイケおやじ #tR0Y9Tco[ 編集] ▲ top
-  -
★サイケさん
あーやっぱり好きな曲入りは無条件で買ってしまいますよね。
サイケさんかなりマニアそうですね。
2006/07/16 12:23  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://bluebossa07.blog49.fc2.com/tb.php/251-e16a922d

- 大胆 -
Larry YoungUnity65年のブルー・ノートでの第2作目のアルバム。ラリー・ヤングの演奏はまだグラント・グリーンの"Talkin' About!"でしか聴いたことがない、と思っていたら、マイルスの"Bitches Brew"に参加し …
2006/07/10 12:50  call it anything
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。