2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
タイトルも音も青い ティナブルックス/True Blue
2006/06/26(Mon)
20060626093156.jpg
ティナブルックス(ts)/True Blue
Freddie Hubbard(tp) Duke Jordan(p) Sam Jones(b) Art Taylor(ds)

昔まだジャズがよくわからなかったころは、(今でもわかってませんが)ジャズ本を読んでアルバムを選んでいました。マイルス関連とひととおりの名盤といわれるものを聴いた後は、パーソネルで選んだりジャケットで選んだりに変わっていました。
特にジャケットフェチなので失敗もありますが、ジャケ買いの成功率が高いのはBLUE NOTE。気にいるジャケットはレコードで欲しいんです。これが始まるとキリがないんですが・・・最近のものには飾りたいと思えるものがありません~

ジャケットもおしゃれ、サイドも気になるこのアルバム、テナー奏者ティナブルックスの数少ないりーダー作アルバムの超人気盤。タイトルもブルー、音もブルーで全て青いです。6曲中5曲はオリジナルでブルージィな曲が全編に冴えわたり、渋くてカッコいいハード・バップの神髄を思わせます。
冒頭曲「Good Old Soul」 から虜になりますよ~

晩年は慢性の麻薬中毒のため、病院と刑務所でその生活の大半を費やし寂しい人生だったといいますが、このアルバムがある限り、ハードバップからブルックスの名前は消えないのでしょうね。

この記事のURL | Jazz  Sax | CM(20) | TB(2) | ▲ top
コメント
-  -
このアルバム、僕もジャケット買いしました。

実に格好良いですよねー。

音も渋いけど聴きやすいですよね。
最近聴いてなかったので、また聴こう。
2006/06/26 11:58  | URL | massive1970 #-[ 編集] ▲ top
-  -
ブルーノートからアルバム出しといて本当に良かったと思います。この人は。
このアルバムが、他のマイナーレーベルから出ていたとしたら、彼は本物の幻のテナーマンになっていたでしょう...

私は、ジャズの王道を驀進する超一流のジャズメンより、こういった裏街道を歩くミュージシャン達に深い愛着を覚えてしまいます...
2006/06/26 17:28  | URL | turu #-[ 編集] ▲ top
-  -
massive1970さん
ブルーノートはジャケットがどれもおしゃれですね。
このひとはリーダー作もすくないのであまり名前は知られていないようです、このマイナーさかげんが良いです。
2006/06/26 18:19  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
turuさん
初めてきいたときはモブレーかと思ったんです。
ブルーノートの数枚以降は、音楽でも私生活でも恵まれなかったようですね。
この哀愁に弱いわたし・・(泣
2006/06/26 18:24  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
いろいろブルーなJazzがある中で、「俺のが本物だ、聞いてくれ!」と言わんばりのジャケットに演奏、まさに「これぞブルーノートだ」というアルバムですね。
2006/06/26 22:31  | URL | george #-[ 編集] ▲ top
-  -
ブルックス・・・といえば通販のコーヒーのこと?うちはいつもブルックスのコーヒーを買ってるんで、あっ、違いますね。
ティナ・・・といえば、ティナ・ターナーが頭にうかんでしまうボクですが、あっ、これも違うか。
これ、ジャケットがカッコイイ!むかしジャズ喫茶で聴いたことがあります。しかしどんな音か忘れてしまいました。
また聴きたくなりますねぇ。
2006/06/26 22:41  | URL | カルロス #-[ 編集] ▲ top
-  -
Tina BrooksといえばFreddie Hubbardのopen sesameとの聞き比べも楽しいですよね。パーソネルもほぼ同じ。
録音時期も近いですし。きいたことありますかね(^^)
2006/06/27 02:00  | URL | あじ #-[ 編集] ▲ top
-  -
georgeさん
そうですね、前面真っ黒っていうのがありますが、これは全部がブルーだね。
2006/06/27 09:21  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
カルロスさん
あいかわらず笑わせてくれますね-----!!!!
お若いカルロスさん、ジャズ喫茶通ってた?私はディスコは通ったけど昔のジャズ喫茶は知らないんです。ジャズ喫茶って今でもあるんでしょうけど、よく知らない・・・。
2006/06/27 09:27  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
このアルバム、まだ聴いたことないんですが、ここ1週間くらいの間にやたらとこのジャケットを見かけます。
ネットだったり、雑誌だったり。
そう思っていたら、ここでも!
ってことは、聴けってことですかね?(笑)
2006/06/27 12:51  | URL | piouhgd #-[ 編集] ▲ top
-  -
piouhgdさん
へ~そうですか、これ2年くらいまえにブルーノートの名盤シリーズに入ったらしいですが。だからかなあ?前はあちこちで見なかった気がするけど。
しょっちゅう目にしてしまうということは、聴け ということかもね♪

2006/06/27 20:22  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
あじさん
コメントありがとうございます。
フレディハバードリーダーアルバムは持ってないのですが、リーダー作にブルックスがいるんですね。
パーソネルが気になると聴きたくなりますね。
2006/06/27 20:37  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
こんばんは。
聴いてみましたよ、このアルバム。
これまた、長く楽しめそうな1枚ですね。
とても気に入っております。
トラックバックしてみましたので、お暇な時にぜひ。
2006/07/23 23:18  | URL | piouhgd #-[ 編集] ▲ top
-  -
★piouhgdさん
やはり聴きましたねっ!!
よく目にしてしまうアルバムは、
聴け と呼んでるんです!(^^♪
2006/07/24 09:14  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
ブルーローズちゃん、ティナさんの記事トラバしたけど、うまくいきませんよ~!どうしてかな?
2006/10/23 22:03  | URL | カルロス #-[ 編集] ▲ top
-  -
★カルにゃん
これ聴いた?よかったでしょ!!
トラックバックは、1回でうまくできないことが多いみたいなの。原因不明だけど、なにか記事に禁止ワードが含まれてるとかかなあ???
お手数ですが数回試してみてね。
2006/10/24 00:50  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
あっ、たぶんblueroseって記事に入ってるからかな?
これ禁止ワードなの?
2006/10/24 01:56  | URL | カルロス #-[ 編集] ▲ top
-  -
カルにゃん
bluerose、昨日から今日の午前中まで禁止ワードにしてました。解除したので、TB平気かも。


2006/10/24 16:30  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
おねえちゃま!トラバできまちた!(^^)やっとつながってウレシ!
2006/10/25 07:11  | URL | カルロス #-[ 編集] ▲ top
-  -
カルにゃん
トラバもしかして初めてよね。
な~に、
ということは、私とカルにゃんって共通項なかったの?????
2006/10/25 19:08  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://bluebossa07.blog49.fc2.com/tb.php/235-d7710bff

- 呼ばれた1枚 -
Tina BrooksTrue Blue60年のアルバム。多分、ジャズ・ファン以外には決して良く知られているとは言えないこのアルバムのジャケットを、少しに前に集中して雑誌やネットで見かけ、ブルーノート関連の本でも何 …
2006/07/23 23:15  call it anything
- TRUE BLUE / TINA BROOKS -
このアルバムはJAZZにとってもお詳しいステキなおねえさまのblueroseさんのブログで紹介されてて聴いてみたくなって買ったから、まだ僕にとっては新しい音ですが、これ、聴いてみたら凄くイイ!とてもリラックスして聴けるハード・バップで、なおかつ全体をタイトル通り、“ …
2006/10/25 07:08  カルロスのにゃんきゃす通信
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。