2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
アーシーなハロルド・ヴィック
2006/10/18(Wed)
20061017183823.jpg

ハロルド・ヴィック(ts)/Steppin' Out!
Blue Mitchell(tp),Grant Green(g),John Patton(Org),Ben Dixon(Dr)

朝夕秋らしくなりました。
今日はアーシーなテナーマン、ハロルド・ヴィックの代表アルバム。
ジョンバットンのOrgにブルーミッチェルのtpがサイドに入ってます。
ここではまたしてもサイドに回っているグラント・グリーンが聴けます。

ハロルド・ヴィックはR&B畑での活動が主で、マクダフやパットンといったオルガン奏者との縁から、ブルー・ノートへの録音機会を得たようで、ヴィックの数少ない作品のひとつ。R&Bで鍛えられたヴィックのテナーとくれば、ソウルフルでアーシーなジャズ。このブルージーな曲の数々は、 メンバーを見ただけでも格好いい。

6曲ちゅう5曲がヴィックオリジナルで、オルガン・クインテットのアーシーな演奏。オルガンとテナーがお上品。
ワンホーンでデックスを思わせるスタンダード「Laura」もいいです。

ジャケットのウィンドウにカメラマンらしい姿がうつってるのがちょっとおもしろい。


この記事のURL | Jazz  Sax | CM(18) | TB(1) | ▲ top
コメント
-  -
おはよ~。。
ちょっと寄ってみたらUPしていた~~(^^)v
このジャケットも素敵。。
今までみたいに色はないけど、そこが大人の雰囲気。

昨日はほとんどプライベートの写真を撮らなかったの。。
今度は是非是非(^^)
2006/10/18 10:57  | URL | おきろん #pVQFStsQ[ 編集] ▲ top
-  -
来ましたね~。こんなの聴く女性の方は珍しいっす。
貴重な存在です。blueroseさんは。

私もこのアルバムの事書いているので、TBさせて頂きます。
2006/10/18 11:48  | URL | turu #-[ 編集] ▲ top
-  -
レアなBlueNote盤の登場ですね。
オルガン、ギターとの相性バッチリのソウルフル・テナーマンですね。
そういえば、ドラムのジャック・ディジョネットとの共演盤もありました。
2006/10/18 12:05  | URL | george #-[ 編集] ▲ top
-  -
エヴァンス聴くオッシャレーなお姉さんは一杯います。
でも、こんなん聴くお姉さんはすごくないですか。
[J.パットンにG.グリーンのコテコテ・サポートを
受けてH.ヴィックがアーシーなソロを繰り広げるのよ」
な~んて年季の入った男性ジャズファンの前でいったら
みんなブルー姉さんの足元にひざまずきますよ。
2006/10/18 12:29  | URL | Groovy Catの飼い主 #-[ 編集] ▲ top
-  -
メンバー見ると、たっぷり黒っぽいですね。
カッコイイおねえさまです!
ブルーねえさんって、オルガン好きなんですね。いままで紹介してくれたアルバムも、オルガン、結構入ってますもんね。
でも、いろいろズージャに詳しいですにゃ(^^)
おそれイリヤマネコです。
2006/10/18 13:02  | URL | カルロス #-[ 編集] ▲ top
-  -
偶然ですが、こちらはハロルド・ヴィック入りのグラント・グリーンのアルバムを取り上げました。
でも、ヴィックの印象は、ちょっと薄いです。
このアルバムも、聴いてみたいですね。
2006/10/18 14:15  | URL | piouhgd #-[ 編集] ▲ top
-  -
★おきろんちゃん
おきろんたん、私はこういう黒人ジャズがすきなの。
機会あれば聴いてみて。
しかし福山は別よ。
2006/10/18 14:32  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
★turuさん
貴重ですかね。どうしてこんな素敵なジャズを女性ももっと聴かないんでしょうね。私は最近の新譜ばかりがお洒落ジャズだとは思えません。←わたしが受け付けないだけですけど"^_^"
2006/10/18 14:34  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
★georgeさん
こういうのは誰もコメントが入らないかと思いましたが、さすがに男性はジャズを聴きたおしたかた(?)が多いので、だまってませんよね。
2006/10/18 14:37  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
★ Groovy Catの飼い主さま
エバンスねえ・・・
おっしゃれ~ですね・・・
でも私もめったに聴きませんです。年一回くらい。
年季の入ったおとうのまえでは、恐れ多くてとてもジャズの話はできませんですよ、わたち・・

2006/10/18 14:43  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
★カルにゃん
オルガン入りは好きです。ハマると抜けられませんでした。
全然詳しくないですよ、知ってることしか知らないし偏ってるし、いわゆるスムースやらアーバンやらと言われる最近のものは聴かないし。ちょっといいと思っても2~3回聴いたら飽きるんです。
2006/10/18 14:47  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
★piouhgdさん
ここではまじめにJAZZしてるので、 ハロルド・ヴィックらしくないとは思います。
piouhgdさんが紹介されていたアルバムもサイドが気になり聴いてみたいです。
2006/10/18 14:50  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
このジャケット…カッコいい…
シブくて好きです。

このアルバム、グラント・グリーン好きとしては聴き逃せませんね!
2006/10/19 00:15  | URL | アラシ #bcxnvIxM[ 編集] ▲ top
-  -
初めまして、訪問有難うございました。
拝見させていただきましたが、楽しいお部屋ですね。
ジャズは、良く分からないのですが・・・
聴くのは好きです。
今年は、モーツアルト生誕250年と言う事も有って
クラッシックに嵌っています~。
また寄らせていただきます(*^▽^*)
2006/10/19 11:07  | URL | tachi-aoi #-[ 編集] ▲ top
-  -
blueroseさん! おはよう~
福山は別よ!\〃^∇^)V/心強いですね~~
母では有りませんが・・・
母のような気持で見守っています。
早く嫁を取らせなくては・・・^m^;;

JAZZが好きなお姉さんなんですね~
思い違いでなければ・・・以前JIM HALLのお話したような・・?
物忘れが多くて困ります。失礼しました。雅治の母代理デス!
2006/10/19 11:12  | URL | にゃん吉 #rlAoscss[ 編集] ▲ top
-  -
★アラシさん
あれ?グラントグリーンききますか?
エバンスを聴くアラシさんは
ちょっと違うかと思ってましたよ~
これなどはかなりマイナーアルバムかと思います。
2006/10/19 12:32  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
★tachi-aoiさん
コメントありがとうございます(#^.^#)
クラシックをお聴きになられるのですね。私は今はほとんどジャズですが、ピアノをやっていたのでクラシックも好きですよ♪
写真はヘタクソですが時々お花も撮っているのでまた覗いてくださいね。
2006/10/19 12:36  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
★にゃん吉さ~ん
きてくださってありがとう!
あは~福山くんね、私は嫁がきたらイヤです。ずっとひとりでいて欲しいのですけど。。。
はいはい。JIM HALLをお聴きになるというコメントいただきましたよん!
物忘れは、私もいっしょですよ~。(*^。^*)
2006/10/19 12:39  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://bluebossa07.blog49.fc2.com/tb.php/223-86539b92

- 『Steppin' Out!』(Bluenote:4138)/Harold Vick -
今回の主役、ハロルド・ヴィックは、R&Bバンドを振り出しとして、ジャック・マクダフらとプレスティッジに何枚かアルバムを残したりもしているいわゆるコテコテ系のテナー奏者です。そんな彼がブルーノートに残した唯一のリーダ作が本作です。貴重な一枚です。貴重な一 …
2006/10/18 11:49  JAZZ、ROCK、そして帆船...
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。