2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
黒い音楽って何?のホレス・パーラン(p) /Us Three
2006/06/23(Fri)
20060615160708.jpg
ホレス・パーラン(p) /Us Three

黒いオルガンの次に黒いピアノで、アーシーなピアノトリオです。黒いピアノに、乾いたベースのジョージ・タッカーが絡んでます。黒いのがお好きな方に。

文才ゼロで勝手に書いているので、読んでいただくかたに思わず聴いてみたくなるようなことは書けないのですが、このアルバム、寺島靖国氏が著書『JAZZピアノ・トリオの名盤500』でこのように書かれています。

これは最高!今回500枚の中で一、二を争う大名奏。ピアノ・ジャズ演奏の望み得るベストの状態。わからない人はわからないでいい。

いかがでしょう。聴きたくなりませんか、グテグテ言うよりも!私ならこう言われるとわかるまで聴いてやろうと思うんです♪私は冒頭からぶっとびました。

小児麻痺のために右手が不自由なホレス・パーランは、左手による特異な奏法を編み出したといわれます。本当は軽快なはずのスタンダード曲のCome Rain Or Come Shine、バーランの涙と汗にまみれたように物悲しくも聴こえるのは私だけかなあ。
この記事のURL | Jazz  Piano | CM(14) | TB(1) | ▲ top
コメント
-  -
こんにちは
jazzがお好きなんですね、私は余り聞かないので、すみません。
ネタ切れ、悩みますね、タマちゃんのビデオに挑戦されては、どうでしょうか。
jazzのこと、教えてくださいね、また来ます。
2006/06/23 11:57  | URL | もものパパ #-[ 編集] ▲ top
-  -
来ましたよ。
カルロスさんから、ということはやっぱり「猫」「ジャズ」ですもんね。
私も「猫」大好きです。何しろ「ニャンコ座」ですから。3月20日に、我が家の猫コーナーを載せています。昭和猫もあります。
又、おじゃましますね。
2006/06/23 13:45  | URL | nyankai #-[ 編集] ▲ top
-  -
パーランは、日本ではその実力があまり評価されていないピアニストだと思います。

いいピアニストだと思うんですけどね...これもいいアルバムですね。お勧め盤です。
2006/06/23 17:34  | URL | turu #-[ 編集] ▲ top
-  -
♪もものパパさん
こんにちは
音楽はジャズが多いですね。花もジャズも勝手に書いてますので飛ばしてごらんくださいね。
猫ネタは切れてます(笑 動画もちょっといいなと思っているのですが、なにしろおとなしい子でおもちゃにも興味なく、カメラを向けると座ってこちらを向いてるだけの映像になりそうですー。
2006/06/23 18:50  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
nyankaiさん
こんにちは
ありがとう^^猫ものには弱いです。
ブログテーマにしたわりには猫ネタきれてます。
また伺いますね。
2006/06/23 18:52  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
turuさん
良いピアニストだと思います。
評価はそれぞれですね、好みもありますけど、評価は気にせずいいと思うものを聴くことにしてます。
2006/06/23 18:55  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
1曲目の"Us Three"の冒頭のGeorge Tuckerの地をうねるよなベースでぶっ飛んでしまいます。これぞ黒いJazzですね。


>小児麻痺のために右手が不自由なホレス・パーランは、左手による特異な奏法を編み出したといわれます。

ビデオを見たことがありますが、ハンディキャップをものともしない素晴らしいピアノを披露していました。
2006/06/23 22:39  | URL | george #-[ 編集] ▲ top
-  -
こんばんニャ!
他のアルバムも見てみたら、
ムーヴィン・アンド・グルーヴィンというのに
好きな曲がたくさん入っていたので買おうと思います。
もちろんこれもですけど(笑
2006/06/23 23:32  | URL | ベランダー #-[ 編集] ▲ top
-  -
♪georgeさん
これの冒頭はぶっとびますね。
あまり評価されてないんでしょうか。私には評価はどうでもいいことですが・・
2006/06/24 01:02  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
♪ベランダちゃん
ははっ これ聴きたくなりましたか~~!!
絶対ベランダちゃん好きと思います!
2006/06/24 01:03  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
あ~、いいアルバムですね♪
1曲目から全開ですね。
ベースを利かせて、大音量で聴きたいです。
BN盤はもちろん、steeple chase盤もいいですね!
2006/06/24 23:25  | URL | kubotatoyoaki #-[ 編集] ▲ top
-  -
kubotatoyoakiさん
こんばんは。いつもありがとう♪
住宅事情が許されればやはり大音量で聴きたいですね、
うちは無理ですけど、でもけっこう近所迷惑な音量かも・・
2006/06/25 00:39  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
こんばんは。
このアルバム、聴いてみました。
癖になりますね、これは。
パーランのピアノ、ヘアウッドのドラムも素晴らしいですが、タッカーのベース、大好きです。
TBしてみましたので、よろしくお願いします。
2006/07/03 00:36  | URL | piouhgd #-[ 編集] ▲ top
-  -
piouhgd さん
TBこちらからもおくりました。
ピアノで黒って何わからないというひとは、
聴けば理解できる黒さですね。
2006/07/03 09:51  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://bluebossa07.blog49.fc2.com/tb.php/209-6c9ded43

- 濃い -
Horace ParlanUs Three60年のホレス・パーラン2枚目のリーダー作。パーラン、ジョージ・タッカー、アル・ヘアウッドのトリオとしてはこれが初のようだ。やっぱりパーランの代表作と言えばこれ、ということ …
2006/07/03 00:31  call it anything
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。