2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ジュリアン・プリースター(tb)/ Keep Swngin
2006/06/09(Fri)
20060607172353.jpg
ジュリアン・プリースター(tb)/ Keep Swngin

トロンボーンのジュリンアン・プリースターの初リーダー作。この後レイ・チャールズオーケストラ、70年代はハビー・ハンコックのグループで、以降はビッグバンドを中心に活動。

カーティス・フラーと同じくトロンボーンの旗手として次代を期待されていたようです。やわらかい印象のカーティス・フラーとは異なり、ブリーフスターは黒人らしい土臭さがあり、シカゴ出身のジャズメンはこの同じ匂いがあります。これはシカゴがブルースの街であるからか、ファンキーとも違うしこれがアーシーでしょうか。

このアルバムでのメンバーは、トミー・フラナガンのピアノ、エルヴィン・ジョーンズのドラム、ベースのサム・ジョーンズ。ハードバップを代表するメンバーがこれだけ揃えば悪いはずがなく素晴らしいサポート?をしています。

ここでもトミフラのピアノ絶品です。ジュリアン・プリースター知名度いまいちで名盤ちゅうの名盤ではないけど、こういうの好き。
この記事のURL | Jazz  Trombone | CM(6) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
ブルーローズお姉さま、お久しぶりや。G.Catです。いま「おとう」は穴蔵でこのレコード聴いてる最中や。探すのに結構時間かかとった。こんなマイナーな黒人トロンボニスト紹介するなんてホンマにスゴイでぇ。「おとう」なんか演奏すっかり忘れとる。僕がレコード会社の社長やったら二階級特進で企画部長お願いするでぇ。こうゆう盤が好きなお姉さんはきっとエエ人や。
2006/06/09 21:42  | URL | Groovy.Cat #-[ 編集] ▲ top
-  -
こんばんは。
最近どなたかの影響で管が多くなって来ました。
ダンナさまはたまには管なしのピアノトリオが聴きたいとか言ってます(汗
でもね、このアルバムのメンバー見たら買わずには居られませんよねー。
今日、グラントグリーン6枚届いたぞー、ワーイ!!
2006/06/09 22:27  | URL | ベランダー #-[ 編集] ▲ top
-  -
Groovy.Cat 君へ

おこんばんは。きょうはG・Cat君ですね。
おとうは穴倉、いーですねー♪
これはやっぱりマイナーすぎますかしら。両極端だといわれそうだわ。
耳タコアルバムばかりでも、耳が腫れあがりますし"^_^"
ところで、G・Cat君に良く似たにゃんこがにゃんきゃすブログにいるよー関西弁つこーてへんけど。
2006/06/09 22:33  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
ベランダちゃん
あははー でしょでしょ!サイドに目がいくでしょ。
これ始まると止まりませんよー♪
グリーン一度に6枚!凄すぎーーーー!!

2006/06/09 22:37  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
ジュリアン・プリースターは、ハービー・ハンコックと演ったものしか聞いたことがありません。リーダー・アルバム自体少ない人ですね。う~ん、マイナーだな。
2006/06/10 00:17  | URL | george #-[ 編集] ▲ top
-  -
georgeさんへ
サイドではけっこうやってますね。私はハンコックのは知らないんです。
あまりハンコック好きくない・・
2006/06/10 18:07  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://bluebossa07.blog49.fc2.com/tb.php/199-48709eca

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。