2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
フィニアス・ニューボーン/Harlem Blues
2006/06/07(Wed)
harlem.jpg
フィニアス・ニューボーン/Harlem Blues

georgeさんが書かれていたので、取り上げてみました。
フィニアス・ニューボーンのこれを聴いた時はとりつかれたようなピアノを弾くひとだと思ったのですが、カウント・ベイシーが大絶賛したといわれ「神業」「天才」と評されるピアニストのフィニアス・ニューボーン。ベイシーよりも渋派手かっこいいです。

このアルバムは病気で入退院を繰り返した後の作品。天才は自分に厳しく精神的にも不安定で好不調がはげしかったりですが、この作品、冒頭からふっとぶ快演です。(一般的凡人な私ですが、気分不安定なのはな~に。ははっっ) 

全て良いですが「Stella By Starright」は無伴奏でのピアノ、トリオによる演奏でそしてピアノに終わるのですが、のめり込んで聴いてしまいます。「Tenderly」はレイブラウンの味わい深いベースソロのあとに、ニューボーンとエルヴィン・ジョーンズが入りトリオに。ここが鳥肌。

エルビン、レイブラウンで悪いはずがなく、重みのあるすばらしいトリオ作品です。好みもありますが、ピアノ好きなら聴いて欲しいです。

この記事のURL | Jazz  Piano | CM(6) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
このアルバムは、バブさんのブログでも紹介されてて、良さそうだったのでゲットしました。
買って大正解でした!初期の超人的テクニック満載のアルバムもいいですが、このアルバムのようにちょっと角の取れた感じの演奏の方が聴きやすいですね。

最近よく聴くランキング(ピアノトリオ編)の第一位です。このアルバム。
2006/06/07 16:17  | URL | turu #-[ 編集] ▲ top
-  -
turuさんへ
バブさん書かれてましたねー。
このひとのピアノはじめはなにこれっと思ってたんですが、
やっぱりこのアルバムはいいですね♪

2006/06/07 20:27  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
はい、わたしも持ってます!。
bluerose経由でどなたかのブログを読んで買いました。
他に3枚買って、計4枚になりました。
黒人独特と言っていいのでしょうか、うまく言えませんが、とにかくはまりました。
2006/06/07 21:19  | URL | ベランダー #-[ 編集] ▲ top
-  -
えっ!私の名前が、これはコメントしないわけにはいきません。
早速、件のレコードを探すも見つかりません。持っているはずなのに・・・
ジャケットが似ているハンプトン・ホーズの"The Seance"と勘違いしていました。
フィニアスの他のコンテンポラリー盤はあるのに、これは持っていません。何ていうことだ!
2006/06/07 21:28  | URL | george #-[ 編集] ▲ top
-  -
ベランダちゃん
みなさんジャズベテランのかたばかりよね。
ベランダちゃんわたしと好み近いしね。
2006/06/07 23:39  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
georgeさんへ
LP2000枚がうらやましいわたしです。
聴きたいアルバムをその中から探すのも容易ではないですね。
友人でもレコード2000枚CD1000枚というすごいのがいます。リビングの半分が音楽です。収納場所がねぇ・・・・・
は~うらやまちぃ。
2006/06/07 23:42  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://bluebossa07.blog49.fc2.com/tb.php/185-93770068

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。