2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
グラント・グリーン/ GRANTSTAND
2006/06/06(Tue)
a6c925e9-s.jpg
グラント・グリーン/GRANTSTAND

ギタリスト、グラント・グリーン2度目です。
ブルーノートに全盛期のグリーンのすべてがあります。グラント・グリーンはジャズファンク、ソウルジャズで、ジャズというよりR&Bです。
ウェスバレルケッセル のギターとは全く異なります。

私が書いているジャズとはちょっと違い、私がグラント・グリーンを聴くというので驚かれたかたも多かったのですが、ジャズ正統派のかたはあまり聴かない好まれないギタリストかと思います・・・・私は好きならなんでも聴きますよー。モダンジャズ派スムース派にはおすすめしません。

このアルバムでは、ジャック・マクダフがオルガンで参加しているのですがマクダフ、ブルーノートでは珍しいのではないでしょうか。
スタンダード曲「My Funny Valentine」「Old Folks」は泣かせてくれます。

テナー、フルートのユセフ・ラティーフに注目。本名がビル・エバンス。
あれっ。このビル・エバンスは、リリカルエバンスじゃないほうの、後期のマイルスバンドに参加しているビル・エバンス???今頃気づいた私、遅っ。
この記事のURL | Jazz  Guiter | CM(19) | TB(1) | ▲ top
コメント
-  -
わたしも好きです!
このCDもさっそくチェックです!
2006/06/06 22:53  | URL | ベランダー #-[ 編集] ▲ top
-  -
ベランダーちゃん~
同じのが好きよね。
これマクダフのオルガン入りなので聴いてねー♪
2006/06/06 22:56  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
ついつい買いすぎた、、。
グラントグリーンがリーダの5枚、グランとグリーンだけどハンコックがリーダーのが1枚。
しばらく止まらないかもニャ。。。
2006/06/06 23:14  | URL | ベランダー #-[ 編集] ▲ top
-  -
このアルバム、好きです!
マクダフが、プレスティッジの時よりおとなしめなのが微妙に面白いですね。
あんまり悪乗りすると、ライオンさんに怒られるからでしょうか?

ユセフ・ラティーフも渋いですね。スキンヘッドで怖い顔してますが、演奏はイケてます。
2006/06/06 23:15  | URL | turu #-[ 編集] ▲ top
-  -
ベランダーちゃん
ははっ
いっしょにハマりましょう♪
マクダフリーダーのもいいわよん。
2006/06/06 23:21  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
turuさんへ
ユセフ・ラティーフって、
本名ビルエバンスとありますが、マイルスにいたテナーのビルエバンスですか??
スキンヘットなの?しらなんだー。
2006/06/06 23:25  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
グラント・グリーン大好きです!こうういうシングルトーンでシンプルでファンキーなスタイルってなぜかだんだん魔法にかかったように引き込まれてしまいますね。blueroseさんがグラント・グリーンをお好みとはちょっと以外な感じです。
2006/06/07 00:04  | URL | カルロス #-[ 編集] ▲ top
-  -
昔は、ジャズ・ジャーナリズムに無視された存在だったグラント・グリーンですが、今では彼がブルーノートに残した録音はほとんど手に入ります。
な~んて知ったかぶりをしたところで、このアルバムはまだ聞いてことがありません。自分ではグリーン・フリークなつもりでいたのですが...だめジャン!
2006/06/07 00:35  | URL | george #-[ 編集] ▲ top
-  -
マクダフは私の師パットが15才の頃バンドに引き入れ
ニューヨークへ、ウエスの友だったパットはレスポールを
引き合わせ、その日ウエスが演奏していたクラブには
グラントグリーン、ジョージベンソンと5人、朝まで
音楽談義だったとか・・・♪
2006/06/07 00:36  | URL | mitz #zMn8Q87U[ 編集] ▲ top
-  -
にゃんきゃすさんへ
あらーにゃんきゃすさんもお好きでしたか。
ちょっと意外かもだけど、にゃんきゃすさんはなんでも派だからニャア。こういうのは好きになるとハマりますよね、小難しいジャズ派なひとは無視してるけど。
2006/06/07 09:28  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
georgeさんへ
モブレイやマクダフサイドでしか知らなかったんですが、クラブジャズブームで注目されたようですね。
って、そもそもクラブジャズってなに?
私も古いくさいのが好きだから、10年前のブームのことさえよくわかんない。ははっ(#^.^#)
2006/06/07 09:34  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
mitzさんへ
へ~~っ
マルティーノとマクダフってつながってたんですか。
mitzさんそんな話を直接聞けたなんて、すごいですね。
並んだ名前にワクワクしました♪♪
2006/06/07 09:38  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
このアルバム、まだ聴いておりません。
もちろん、聴くのは時間の問題ですが。(笑)

ビル・エバンスとユセフ・ラティーフってどっちが本名なんでしたっけ?
ビル・エバンスだのギル・エバンスだの、ややこしいですね。
2006/06/07 12:57  | URL | piouhgd #-[ 編集] ▲ top
-  -
>マイルスにいたテナーのビルエバンスですか??

『Kind Of Blue』より後のマイルスはほとんど聴いたことがありませんのでよく分かりませんが、多分違うと思います。
ビル・エヴァンスって、白人のサックス奏者がもう一人いますので、その人ではないでしょうか?

ユセフ・ラティーフとマイルスは、音楽的にも性格的にも合いそうにありませんし...
2006/06/07 13:02  | URL | turu #-[ 編集] ▲ top
-  -
piouhgdさんへ
トラックバックしようとブログをみたのですが、これはまだでしたか。
ユセフ・ラティーフの本名がビルエバンスで、
名前ややこしいからかえたのかなあ。後半のマイルスにいたテナーじゃないようなのですが。
2006/06/07 20:13  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
-  -
turuさんへ
私も70年代以降のマイルスはほとんど聴いてないのですが、ピアノのビル・エヴァンスが亡くなったのにマイルスの中にビル・エヴァンスがいたので不思議だったことがあり、後で同姓同名のテナーだと知ったんです。
2006/06/07 20:18  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/06/15 04:19  | | #[ 編集] ▲ top
-  -
こんばんは。
これ、聴いてみたした。
聴き応えたっぷりですね。
とても良いアルバムだと思いました。
トラックバックしてみましたので、お暇な時にでも覗いてやってください。
2006/07/21 00:21  | URL | piouhgd #-[ 編集] ▲ top
-  -
★piouhgdさん
おはよー
もっとサイドでグリーンがはいってるものも聴いてみたくてちょっとずつさがしてみようかとおもってます♪
2006/07/21 08:47  | URL | bluerose #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://bluebossa07.blog49.fc2.com/tb.php/184-be9e8f85

- 月刊グラントグリーン8月号 -
Grant GreenGrantstand61年の3枚目のアルバム。というのを以前、"Sunday Mornin'"の時にも書いた。(参照)よくよく確認してみたら、"Sunday~"が61年6月、こちらが同年8月の録音。でも、"Sunday~"が4099 …
2006/07/21 00:17  call it anything
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。