2006 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2007 02
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
奥湯本の温泉
2007/01/22(Mon)
温泉に行ってきました。
箱根には温泉施設が数多くありますが、箱根温泉郷の表玄関口にある湯本温泉は、温泉地の中でもっとも歴史が長く、かつ最大の温泉街。1時間ほどで気軽に行けるのがうれしい。
この日は、高速も急カーブ続きでもコロコロとよく走るこの車で。マニュアルに切り替えての運転が楽しい車♪

20070122170620.jpg


鬱蒼とした箱根旧街道、奥湯本にある天山は特に人気が高いところ。フロントは高級ホテルの趣きがあり、ラウンジ休憩室が完全に分離されているので混雑や雑然とした雰囲気はなく、ゆったりとくつろげました。できれば混雑しやすい休祭日を避けてのお出かけをおすすめ。

温泉はお湯の温度が異なる5つの露天風呂で、5本の源泉、2種類の泉質、日量37万リットルを湧出する豊富な高温泉。注水による冷却で薄めたりせず、熱交換システムで温度を下げ、溜め置きをしないで、生まれたばかりの温泉100%を掛け流しにしているのだとか。
そして環境を配慮し、分解しきれない合成界面活性剤のシャンプーを置かずに固形石鹸を置いている。特に持ち込み禁止ともうたってないので、皆が「マイ・ボディソープ、シャンプーセット」を持っていたけどなぁ。
ここは露天風呂からの眺望がないのが残念。

20070122170644.jpg

20070122170700.jpg


「2週間前に来たばかりだね。」といいながら、また立ち寄ったのがこの甘酒茶屋。
店内では前でも横の席でも、あべかわ餅と甘酒の写真を撮っている人達がいるので、「この人達もブログやHPに載せるのかな。」と、ついつい思ってしまうけど・・・私は今だ恥ずかしいので、何処に行っても食事前のお皿の写真は撮れません。

20070122170733.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | おでかけ | CM(40) | TB(0) | ▲ top
薔薇熱
2007/01/20(Sat)
10年以上も前になりますが何もわからず薔薇を育てはじめ、夏を越えることが出来ずに失敗、この失敗を何度か経験し、
薔薇は難しい (ちがう、ズボラには無理) というイメージだけが残っていました。
様々な植物を育てるなか、植物園に出かけ、そしてバラ園にも通い写真を撮っているうちに・・・
いつのまにか本格的に薔薇熱に侵されてしまった!!(笑)
本を何冊も読みナーセリーの勉強会も覗いて、特にERに魅せられました。いまでは品種も増え、これらが咲いた姿をイメージしては楽しくなっています。
今までは切花は別としても冬に薔薇を買うことはなかった私が、この冬は園芸店に行くと必ず薔薇に目がいくようになってしまいました~

寄せ植えたジュピター
20070120135715.jpg


現在の薔薇の種類
主にHT、Ch、Fl、Pol、Minは開花鉢を購入、それ以外は大苗
植え付けはテラコッタとプラ鉢半々
Min は寄せ植えと単独植えの半々
特に花、株姿がわからない大苗えらびでは、薔薇をそだてておられる6630rさんや、他、薔薇を鉢栽培されているお友達からも参考にさせていただきました。

HT  ブルーリバー / ジュリア / ベラローマ    
Ch  イレーネワッツ / ルイ14世 / フンショウロウ / ジャックカルティエ        
G   ロズドロワ
Fl   アイスバーグ / マチルダ / フレンチレース
Ms  ジュリアルネッサンス / ホワイトメイディランド / カーディナルフィーム
S   アンジェラ
Hp  バロンジロードラン
R   ブルーランブラー(ドーム仕立て)
C   ピエールドロンサール / バタースコッチ
Pol  ホワイトコスター / ホワイトモルスダック
Min  オールドファンタジー / スプレーウィッド / テディベア / トレンディ / チュチュ / イースターイエロー / グリーンアイス / バリ / ニューヨーク / ジュピター
ER  ヘリテージ / エブリン / アブラハムダービー / ジュートディオブスキュア / シャリファアスマ / パットオースチン
その他 フォーエバーローズ

   
20070120135806.jpg

この記事のURL | バラ | CM(20) | TB(0) | ▲ top
私の場所
2007/01/19(Fri)
いつもご覧いただき、暖かいコメントをありがとうございます。
なのにブログ更新を怠り気味です~
好きなものや興味の対象は変わらずマンネリ化したこのブログ、そして更新もレスもできないでいるにもかかわらず、ここを覗いてくださる方々へは大変申し訳なく思います。
いただくコメントは楽しく拝見しております。
最近は時間不足etc...などで皆様のブログ訪問もできないままですが、不定期な更新と訪問に気長にお付き合いくださいますようお願い申し上げます。

・・・・・
と、
少々硬いご挨拶をしてみました。
ここはリビングの片隅ですが私は夜はここに、タマもそこらへん。
聴きたいアルバムと読みたい本がたっくさ~んで時間が足りない!!
右のカレンダーは八ヶ岳の知人のお店で買ったもので、押し花でつくられたイギリスの手作り品。月が終わったらフレームにいれよう♪

20070112190932.jpg

この記事のURL | わたし | CM(20) | TB(0) | ▲ top
Nearness of You: The Ballad Book /Michael Brecker
2007/01/18(Thu)
imgb786f16azikdzj.jpg

Nearness of You: The Ballad Book /Michael Brecker

1/13にマイケルブレッカーが白血病のため亡くなりました。享年57歳。闘病中だったことはきいており回復を祈っていたのにこの若さ、残念です。
好演は数多くあり日本でのライブも40回以上と言われ、私もブルーノートで聴きましたがJスコとのライブが印象に残っています。ブレッカーブラザースで幅広いジャンルでのセッション活動も積極的にこなし、兄ランディとのインタープレイは圧巻でした。
心よりご冥福をお祈りいたします。

私は数枚のアルバムしか持っていませんが、このアルバムはパット・メセニーのプロデュースで2001年に発表されたもの。
メセニーとブレッカーがとても優雅で、そしてインスト曲とジェイムス・テイラーのヴォーカル曲がとけ込み、サイドもハンコックにヘイデン、ディジョネットと豪華絢爛!!おすすめ。


この記事のURL | Jazz  Sax | CM(22) | TB(1) | ▲ top
「Blue Rose」
2007/01/17(Wed)
20070116191536.jpg

Then, Here and Now/ Richard Wyands (p)
Lisle Atkinson (b), David Lee (ds),
1. Yes It Is
2. Lament
3. As Long As There's Music
4. Leonora
5. Never Let Me Go
6. Yesterdays
7. Blue Rose
8. Leonora
9. Blue Rose

このアルバムは「Blue Rose」 目当てで購入したもの。この「Blue Rose」は、デューク・エリントンの'57の作品「Blue Rose 」でローズマリー・クルーニーに捧げられた曲。・・・
なのだということをお友達から知ったので聴いてみたくなった曲で、ネットで申し込んでから手元に届くまでに3ヶ月近くもかかった中の一枚。

リチャードワイアンズ50歳の時の記念すべきリーダー一作目で、ライナー・ノートにはホレス・パーランが「Better late than never(遅かったがでないよりはまし)」と言っています。
リチャードワイアンズの名前をしらなかったので調べてみると、リーダー作も少なく、華やかな人気などとは縁がない感じなのですが、円熟したピアノで近年は人気を得ているとか。ケニーバレルや矢野沙織とも共演しており、サイドでの参加は多数あるようです。

「Blue Rose」はおしゃれな雰囲気のアップテンポな仕上がりで、デューク・エリントンとのききくらべも面白い。
全体にブリリアントで品のよさがあり、超名盤や知名度からは外れるけれど、大人のジャズが分かる人のための一枚ではないかと思います。


この記事のURL | Jazz  Piano | CM(16) | TB(0) | ▲ top
タマ
2007/01/13(Sat)
ブログを始めてから写真が増え、タマだけでも何百枚もあります。
どれをブログに使ったのかすでにわからなくなっていますが、いつも違う表情でおもしろいのが寝顔とアクビ写真。
いつか寝顔とアクビ特集をやりたいほど!

増えすぎて重くなっているのにタマ写真は捨てられないという、まるで親ばか~。

20070113003352.jpg

20070112191714.jpg

20070113003739.jpg

この記事のURL | たま | CM(38) | TB(0) | ▲ top
ベランダ事情
2007/01/10(Wed)
花歴が長くなるとそれなり鉢が増えてしまい、バラは手持ちのテラコッタに植えたものと、購入時のプラスチック鉢のままのものとが半々の状態で、統一感まるでなし。今後も両使いになるかと思う。

テラコッタは「高い重い割れる」などのデメリットもあるけれど、私は焼き物が好きなので屋外での栽培にはテラコッタ、室内は陶器とガラス物を使っています。
ガーデニングの本家イギリスでは、テラコッタが時の流れとともに風化し、カビやこけが生えたりするのがよいとされ、新しい鉢にヨーグルトを塗ってカビの発生を促すほど。私はそこまではしないけれど、古びたものが好きなので(鉢にかぎらず)、鉢もアンティークショップやジャンクショップのものが好きで探しますが、HCの安価なものも使用します。

テラコッタが突然パカッと割れたなどの話も聞きます。私は長年多くのテラコッタを使用していますが今までに一度も割れたことはなく、寒暖差が激しい地方以外の関東でなら、耐久性は問題ないかと思われます。素焼き自体は案外丈夫で大切にすれば何十年も使えます。それと、鉢の下にかますpot feetは必要。

しかし気にいるものはとにかく高い、鉢ごときにこんな値段が出せるか! というものが多い。イタリア、スペイン、アジアなどからのものは低価格でも、寒暖差で簡単に割れてしまうらしいけど、HCで購入の10号1500円程度のアジア製の鉢でもうちではなんら問題なし。なるべく軟質の鉢ではなくて硬焼き鉢が良いけど、硬焼きはコケが生えにくい。素焼きなのに中にだけ釉薬を塗ってる鉢がありますが、あれなどは割れやすいのでは・・?

処分寸前だったジャスミンにミニバラを入れました。
20070110180429.jpg


わが家は朝陽から夕陽が落ちるまで、室内では暖房が必要ないほどに日当たりはとても良いけど、ベランダは時間場所により影になるところがあります。お天気次第気分次第でしょっちゅうレイアウトは移動。
日光がなくても育ってくれるものをまとめました。
20070110180444.jpg

この記事のURL | バラ | CM(24) | TB(0) | ▲ top
着々と薔薇準備
2007/01/09(Tue)
バラ好きなかたへ。

バラは手がかかる・・・
ズボラな私には、バラはとうてい手に負えるものではなく、それにバラは草花系とは違い値段もお高い。そして手がかかる分、維持費もとってもかかる。
育てているかたはたくさんいるので、私はそれを眺めて楽しんでいるだけ。バラで失敗も経験しあっさりとバラは諦めていたのに・・・・
ところが昨年からハマリました!!
私の園芸歴は長いですが、開花鉢ではないバラ苗をこれだけ育てるのは初めてです。
これらの今後の成長をお楽しみに~

咲かなければ悲しいしこれらが育ちすぎても怖いし、心配半分楽しみ半分!いつのまにかミニを含めて30種以上。10号鉢10個にERとOR、HT3鉢、6~8号にFl、Pol等。
暖冬のせいか日当たりが良いからか新芽がかなりのびてきて、このままにしておいていいものかどうか・・・
左の白鉢は5年くらいになるゼラニウム。草花系の多年草の大半は思い入れのあるもの以外、薔薇スペースのために年末に処分してしまった。
残したのはゼラニウム3種、マーガレット2種、ジャスミン、チロリアンランプの大株たち。←今後このこたちの行く末は・・・・(ーー;)
20070108234229.jpg

スクスク咲いているリーズナブルなミニチュアローズの寄せ植えたち。
冬場にこれだけ咲くのも驚き。
20070109182245.jpg


名前不明だけれどしっかり咲いているミニ。
20070108234136.jpg


年末に190円5鉢も買ったトレンディ。
20070108234102.jpg


ミニとFl。
20070108234327.jpg


この記事のURL | バラ | CM(26) | TB(0) | ▲ top
ブログ初め
2007/01/05(Fri)
あけましておめでとうございます。

ブログ開設から初めてのお正月を迎えました。
皆様のところへの訪問がなかなか出来なくてごめんなさい。
年始のご挨拶はこの場を借りまして・・・

更新は不定期になりつつあり、そして薔薇に熱中しているため内容も偏りがちですが、今年もお付き合いをよろしくお願いいたします。

私はお正月料理のおかげで、この数日で太ったような・・・・
年始には温泉へ。
甘酒茶屋で頂いたあべかわ餅がとてもおいしかったので、抹茶きな粉をお持ち帰り、今あべかわ餅にハマッてます(#^.^#)
20070105140033.jpg


川崎大師参拝。
川崎大師は初詣の参拝客数で全国3位を誇り神奈川県では1位だそうです。交通安全のご利益でも有名で、ドライバーの安全を祈願するだけでなく、車自体のご祈祷(車体安全)もできる。
どうか無事故でいられますように。

大山門。
20070105142901.jpg


大本堂
本殿に入るまでの、テレビでもおなじみの行列。
20070105142757.jpg


八角五重塔
仲見世で川崎大師名物トントコ飴のきな粉飴をお持ち帰り(#^.^#) (またきな粉カヨ)
20070105142820.jpg


この記事のURL | わたし | CM(54) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。