スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ハロウィンとは
2006/10/31(Tue)
あちこちでハロウィンのディスプレイやイベントを見かけます。
ハロウィンといえば、カボチャ・仮装。
ハロウィンとは、キリスト教の「万聖節」の前夜に、おばけなどの仮装をした子どもたちが「Trick orTreat?(いたずらされたくなきゃおかしをちょうだい!)」というセリフを言って、近所の家を回るお祭り。
日本の行事ではないのでなじみが薄いのですが、アメリカでは大変盛んですね。

そういえば映画「オータム・イン・ニューヨーク」
晩秋のニューヨークを舞台に、リチャード・ギア主演の悲恋物語なのですが、ハロウィンの場面が出てきて、ちいさな子供たちがキュートでした。

こんな楽しくて可愛いハロウィン画像をいただいてきました♪

ハロ  ubhuiobhph.gif


で、ハロウィン
それが 何? 関係ないわん。
20061031122257.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | わたし | CM(26) | TB(0) | ▲ top
神代植物公園 秋のバラフェスタ
2006/10/30(Mon)
深大寺の都立神代植物公園で、秋のバラフェスタが開催されています。
春にも訪れましたが長雨のためかわいそうでしたが、秋バラは行くタイミングが少し遅かったのか見ごろが終わったものも多い気がしました。
「国際ばら新品種コンクール」の作品を始め、約300種5000株のバラが咲き誇り「香りのバラコーナー」や「大輪種のコーナー」等楽しいです。
昨日たくさん写真を撮りましたが、バラの名前はさっぱり覚えてきませんでした。(覚えられない)*^。^*

藤色のバラはブルー系の代表的なバラで、ブルームーン。濃厚な香りがあります。
香りが届かなくて残念です。

20061029223628.jpg

20061030094936.jpg

20061029224643.jpg
20061029223731.jpg
 
20061029223523.jpg  
この記事のURL | バラ | CM(26) | TB(0) | ▲ top
smart fortwo  cabrio
2006/10/28(Sat)
プライベートで多忙だったため、コメントレスが遅れていますがよろしくお付き合いお願いいたします。

スマちゃんカプリオの話。
小型オープンですがあまりの小ささに最初は恐怖感を感じたスマちゃんで、隣に大型車が通ると吸い込まれそうな錯覚が・・
車庫入れ時にも小さすぎて後ろが見えにくい。
しかしおチビですがそこはベンツの技術 頑丈に出来ていますから、コロコロぶんぶんよく走り乗り心地は悪くありません。小粒なのに中はまあまあ広いしマニュアルモードも楽しい。

メインカー向きではないですが、「バイク以上クルマ以下」という感覚でセカンドとしてチョロっとお散歩、ちょこっと遠出にはいい感じです。

困ることは交差点や駐車場等で注目される事~

で、これに慣れてしまうと、メインがやたら大きくかんじます。


20061028231629.jpg

この記事のURL | わたし | CM(18) | TB(0) | ▲ top
・・・・・。
2006/10/26(Thu)
ちょっとマウスであそんでみました♪




tyo 文字色 20061026121405.jpg

この記事のURL | わたし | CM(34) | TB(0) | ▲ top
謎の青バラ
2006/10/25(Wed)
さいきんブログに、私と同じHNでア○○トブログへのURLのコメント書き込みが何度かありました。
『bluerose名での書き込みで記事と関連のないコメントに怪しいURL入りのもの』 を見つけたかたはご注意くださいませ。
まったくもぉ~暇ですね! 発見次第さっさと削除してますよ~だ!


今日バラ苗を見てきました。
この時期に咲いているバラは四季咲き性のものですね。
ところで英語でブルー・ローズといえば、
「不可能、ありえないこと」の代名詞だったこの世になかった青バラを咲かせることにサントリーが成功しています。
ブルーというよりも神秘的で紫がかった美しい青。
一般に購入できるようになるのは来年末とのことで楽しみですね~

ところが、サントリーの青バラ以外にこんな真っ青な青バラもありました。
造花なのかと思ったのですが、これは本物なんです。
真っ青です~

        e-green_1921_34272.gif

        その謎は→ 青いバラの謎 

この記事のURL | わたし | CM(32) | TB(0) | ▲ top
『Round midnight』 映画とサウンドトラック盤
2006/10/24(Tue)
20061024125723.jpg

 Round midnight / Dexter gordon(ts)

ジャズの映画・・・といえば『Round midnight』
(1986年、フランス・アメリカ、ベルトラン・タヴェルニエ監督)
『Round midnight』のサウンドトラック盤です。

Round about midnight
セロニアス・モンク曲で演奏者によっては“About”抜きの“Round midnight”とクレジットされることもあり、多くのプレーヤーが取り上げているとても奥深い曲です。

映画『Round midnight』は地味ですが雰囲気のある映画で、ジャズ・ファンは流しているだけでもいい。私はこの映画、かつてビデオテープがのびるほど観た(聴いた)のですが、DVDで所有したい。ジャズファンだけの占有物としてではなく、ジャズを知らない聴かないというかたも、ジャズの雰囲気を感じることが出来る映画です。

1959年、ニューヨークからパリのジャズクラブ〈ブルー・ノート〉へやってきたサックス奏者の酒とドラッグに溺れた日々を描いています。ジャズの巨匠、バド・パウエルとレスター・ヤングの実話をもとに作られ、この二人に捧げる とのクレジットが流れます。(バド・パウエルは末期にはドラッグでボロボロ)

主人公のサックス奏者をデクスター・ゴードンが演じており、そのほか、ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、フレディ・ハバート、ロン・カーターなどそうそうたるメンバーが吹き替えなしで本物が登場します。ジャズファンは演奏を聴くだけでも涙もの。

映画初主演のデクスター・ゴードンは1986年のアカデミー賞で主演男優賞にノミネートされ、音楽監督も務めたハービー・ハンコックは作曲賞を受賞。
デックスは酒、ドラックで精神異常をきたし逮捕歴もあり、ブルーノートと契約してパリに渡り・・・という足跡はまさに『Round midnight』の主人公そのもの。 演じているというよりむしろデクスター・ゴードンそのものが映し出されていると錯覚をおぼえ、じつはこの映画の喪失感にあふれたデックスがあまり好きではなかったのですが・・

ジャズの凄み!
これはもう本物のジャズマンでなければ出せないということが理解できる映画です。



この記事のURL | Jazz  Sax | CM(24) | TB(0) | ▲ top
団塊の世代へ 熱いエール
2006/10/22(Sun)
ちょっとネット サボりました。
車で遊んでました♪

「2007年問題」を取り上げた本を何冊か読みました。
最近よく耳にしますね。

人口のボリュームゾーンを形成している団塊の世代が、2007年から定年退職を迎え、消費のありかたや社会を大きく変えるのでは・・・ということ。社会保障費の増大や労働力不足など様々な影響が懸念されていますが、子供の頃からさまざまな競争状態におかれ、何をするにもパイオニアとして既成のものを破り、新しい価値観や文化を切り開いてきた団塊の世代の皆様。
そんなパワフルな年代がリタイア後にはどんなライフスタイルを築き送られるのか面白くもあり私はとっても楽しみです。

かつてニューファミリーとしてリードしてきた団塊世代、新語で○○エイジというのが誕生するような、例えば60歳以上を「大人」と呼ぶようなそんな新世代を誕生させてくれるようで、
私たちも歳を重ねることやこれからの人生が楽しくなるような気がして、
素敵な団塊の世代の方々、頑張って欲しいです。


この夜景を見ると、いつもワクワク~♪
どうかいつまでもこんなキモチが持続しますように・・・

yokohama.jpg

この記事のURL | わたし | CM(43) | TB(0) | ▲ top
私ってどんなかんじ???
2006/10/20(Fri)
あずきちゃんのところでこんな 性格診断 をやっていました。名前から性格をみるというもの。

名前なんて、と思ってましたがなんとこれ、私の場合は生年月日占いや六星占術の結果と近いものがでたので驚き!笑います!


heart1-4-2.gif「私」はこんな人
あなたは知的で華やかさを持った人です。感受性豊かで、音楽、芸術や文学、歴史といった趣味が豊富で、広い知識と知見で柔軟な発想ができる人です。広い観点から物事を判断できる頭の良さを持っています。知性と感性と柔軟さを活かすことのできる環境で力を発揮します。型にはまった環境では満足せず、また特性を活かせません。ただ、さっぱりしすぎているのが気になります。

heart1-4-2.gif「私」に気に入られるには?
先ず、身だしなみが乱れていたり、馴れ馴れしい言葉使いをする人は嫌われます。脂ぎった粗雑な人も相手にしてくれません。清潔に接してあげることが必要です。また、感受性豊かな人です。音楽、芸術や文学などを理解できない人、心に余裕のない人は嫌われます。べたべたされることも嫌います。柔らかな接し方が必要です。

↑ あはははは~!!
こっこれ、まるで自分で勝手に希望を書いたみたいです~
なんですかわたくし、知性?華やかさ?知識?
そんなもんどこにも見当たりませんが!名前をつけた親の強い希望だけで、みごとに裏切ってます!
家族や知人もやってみましたが、なるほどと思える内容もあり笑えました~

ちなみにタマ
可愛い夢見る少女。
表面的な上っ面の話や、大雑把な行動は嫌われます。(爆!!!

皆さんもおためしくださいませ~。

20061019163728.jpg

この記事のURL | わたし | CM(37) | TB(0) | ▲ top
夏と秋の花
2006/10/19(Thu)
ニュースでどこかのサクラが突然開花したというのをみましたが、なんだか今年の花は早かったり咲かなかったりで、ヘンですね。

写真は花ばかり撮りたくなる時があるのですが、今日はちょっぴり季節感のずれた画像・・
わが家でまだ頑張る大好きな夏の花です。
20061019113323.jpg


夏じゅうひとつも咲かなかったランタナが、
今頃咲き出しました。
20061019120635.jpg


UPする時期がずれすぎですが少しまえの彼岸花。
今年はあちこちで見かけましたが、白を撮り逃しました。
0409077.jpg


コスモスももう終わり。
花を見ていると季節の移り変わりは早いです。
次は紅葉を撮りたいなあ。。。
0210629.jpg

この記事のURL | | CM(29) | TB(0) | ▲ top
アーシーなハロルド・ヴィック
2006/10/18(Wed)
20061017183823.jpg

ハロルド・ヴィック(ts)/Steppin' Out!
Blue Mitchell(tp),Grant Green(g),John Patton(Org),Ben Dixon(Dr)

朝夕秋らしくなりました。
今日はアーシーなテナーマン、ハロルド・ヴィックの代表アルバム。
ジョンバットンのOrgにブルーミッチェルのtpがサイドに入ってます。
ここではまたしてもサイドに回っているグラント・グリーンが聴けます。

ハロルド・ヴィックはR&B畑での活動が主で、マクダフやパットンといったオルガン奏者との縁から、ブルー・ノートへの録音機会を得たようで、ヴィックの数少ない作品のひとつ。R&Bで鍛えられたヴィックのテナーとくれば、ソウルフルでアーシーなジャズ。このブルージーな曲の数々は、 メンバーを見ただけでも格好いい。

6曲ちゅう5曲がヴィックオリジナルで、オルガン・クインテットのアーシーな演奏。オルガンとテナーがお上品。
ワンホーンでデックスを思わせるスタンダード「Laura」もいいです。

ジャケットのウィンドウにカメラマンらしい姿がうつってるのがちょっとおもしろい。


この記事のURL | Jazz  Sax | CM(18) | TB(1) | ▲ top
温室になるリビング
2006/10/17(Tue)
ペコポコ記事ではお騒がせいたしました。
ジャズとアンティークに囲まれた大人の生活。
をしている(はずの)わが家のイメージがすっかり変わったのでは、と思います。
                   ・・・・・ (ーー;)

朝晩冷え込むようになりましたがこれからの季節、昼間のリビングはとても日当たりが良く温室状態になります。
でもいくら温室状態とはいえ、やはり寒くなるまでに植え替え等して整理しなければと思いながらも、あまりに多くて進んでいないうちの中と外~ ペコポコ以外にも収集物がとても多いわが家ですが、植物もそのひとつですね。増やしてしまったのは私なので、夫の収集癖にぶつぶつ言えませんけど・・・(笑) あ、文句言ってませんからね~♪ 

先日植えた特大のガラス鉢の、メインをパキラに変えてみました。
このパキラもミニだったものが成長し、行き場がなくなりつつあったけれど、これでようやく収まるかも。
20061016154929.jpg


これはアイアンのガラス鉢セット。気に入っていたのにガラスにヒビが入ってしまい、直に植えられなくなってしまったので悲しい・・・
これはシンゴニウムにオリヅルランを足したもの。うちの植物たち、ほとんどどれもがほったらかしでも、大半がとても元気です。植物はある程度環境にもあわせてくれるようで・・・
いえ、育て主に合わせてくれてる?から嬉しいかな~ "^_^"
20061016155234.jpg


この記事のURL | | CM(17) | TB(0) | ▲ top
収集癖 
2006/10/16(Mon)
夫 「ブログに載せたら~♪」
私 「えっ!! いったい何っ?ってバカ受けするでしょっ!」

・・・・そんな会話の後、夫の希望?もありペコポコ一同初登場。まるでドミノ倒しのようなこれら。
いったいなんのシュミや。。。と思われそうですが、(私は猫ものと音楽アルバムを収集してるんです!!)この写真に撮るほどのものでもないペコポココレクション、もちろんすべてが私のではありませんからね~!!
アンティークペコちゃんから始まり飾り棚からあふれ出し、さらにそれを知った娘から、高校生の頃に集めた不二家のペコポコをゼーンブもらい大量になりました。 (何度もいいますが、コレクションは私のではありません)
このペコポコは10cm程。
お好きな方はクリックして特大サイズでご覧ください。(いませんよね)
yokoyokoneko20-1-9.gif20061015151635.jpg
yokoyoko20061015151448.jpg20061015151702.jpg

ペコポコのコーナー。(周りの雰囲気とマッチせず、浮いている。)
20061015151337.jpg



タマ 「もーっ。これ以上増えると、アタシの寝るところがなくなるでしょっ。」          
20061015221449.jpg

この記事のURL | わたし | CM(32) | TB(0) | ▲ top
横浜中華街でごはん
2006/10/14(Sat)
車検に出していた車がようやく戻ってきました。
今日横浜IKEAの横を通りましたが、オープン直後あれほどの渋滞だった道路がすいていたのは嬉しい限り。
なぁ~んだ、もうほとぼりが冷めた?
私はまだ中に入ってませんが、一度照明と鉢を見たいなーと思ってます。
IKEA行きシャトルバスが走っていたのですが、あれって何処からきたのでしょ。

中華街でごはん♪
そして今日は観光客に混じって、パー子になった。

20061012194450.jpg


新しい開帝廟・天后宮
食事に行くと通るのに気づかなかったここ、そういえば以前は駐車場だった。中華街に新しい開帝廟がオープンした。開帝廟のように華やかさに欠けているのか、まだ知られていないのか参拝客は少ないかんじ。
中華街に行くと関帝廟に参拝するかたも多いですが(私は一度もありませんが)、雑誌でも紹介されていたけど、ゼロ磁場としてパワースポットでもあるらしい。
「気」に敏感な人はそのエネルギーを感じることもあるとか・・・私は鈍感で~す。

20061015155919.jpg



これは車で走行ちゅうに撮影。
走っていてもわりと撮れるもんなのですね~(*^。^*)

20061014214123.jpg

20061014214847.jpg

この記事のURL | 横浜 | CM(26) | TB(1) | ▲ top
横浜ベイクォーターでランチ
2006/10/13(Fri)
横浜ベイクォーターでランチしました。
横浜東口にオープンしたばかりで、その他のショップも見て廻ったのですが、私は1回行けばいいやって感じ。。
横浜はみなとみらいもそうなのですが、土日は観光客も多く車は地方ナンバーがとても多い。平日といえば閑散としているのに、オープンしたばかりのせいかそこそこの賑わいでした。
ショッピングはともかく、夜景がいいです。でも私、カメラ忘れてるし。

写真を撮ることが多くなりましたが、最近出先で写真撮っていてふと思ったのが、

まるで林家パー子じゃん。。。。。


20061013104429.jpg

この記事のURL | わたし | CM(24) | TB(0) | ▲ top
お行儀が良い 眠りねこ
2006/10/12(Thu)
以前増え続ける 猫もの をアップしましたが、まだまだある猫グッズ。
楽しいお部屋ですね。
と、よくコメントをいただきますが、古雑貨屋が出来そうです~。


そのなかの一部でテラコッタ製鉢台の眠り猫。(今は鉢を乗せていませんが)
お行儀が良いです。
20061012182532.jpg


アジアンな眠り猫。多分バリ製。
これは何故かまったくおなじものがもう1つある。
20061012182555.jpg


日本製眠り猫。
このなかで一番お行儀が悪いね。
20061012194753.jpg

この記事のURL | たま | CM(27) | TB(0) | ▲ top
横浜 猫の美術館
2006/10/11(Wed)
猫がいるため身の回り品には猫ものがつい多くなるのですが、横浜山手の閑静な住宅街にあり通り過ぎるだけで気になりながらも、まだ中に入ったことがない猫の美術館。
ここは入館料がたしか300円。
猫をテーマとした美術作品、国内外の画家の作品や民芸的なもの、骨董品などを展示しているそう。ショップではないので、販売はしてないようなのですが。。

猫ものコレクションでは私も負けてません!


       20060810163644.jpg

20060810163621.jpg

この記事のURL | 横浜 | CM(36) | TB(0) | ▲ top
ズート・シムスにハマル気配
2006/10/11(Wed)
20060928141155.jpg

Blues for Two / Zoot Sims with Joe Pass


ズート・シムスはテナーサックスの名手で、リラックスした大人の演奏を聞かせてくれます。
実は名前だけでズート・シムスをよく知らなかったのですが、
ニャンだジャズだオーディオだ!の G・catの飼い主さん が絶賛しておられ、興味を持ってからは3枚アルバムを聴きました。
私はまだまだズートを語れるほどではないですが。。

ズートを探してみると、私の初めてのズートはこの地味な一枚でした。共演はギターの名手ジョー・パスだけ。ジョー・パスを聴いていた時期に出会ったもので、地味ながら二人の至芸を存分に楽しめます。これはおそらく初心者は手にすることの無いような地味なアルバムですが、ジャズのもう一つの魅力を伝えてくれる演奏で聴きどころ満載です。

「Blues For Two」「Takeoff」はオリジナル。
「Dindi」はウエイン・ショーターの人気盤「スーパー・ノヴァ」での名曲。ゲッツのボサノバとは違った趣で、ズートが気持ちよさそう。
「Pennies From Heaven」ここでは軽やかにソプラノをやってます。

ズートのサックスは余分な説明が要らないほどとてもシアワセな気分になれます。肩に力の入らない心地よいスイング感と、まるで物語があるような歌心溢れるアドリブは素晴らしい。
ズートコレクションが始まりそうな気配♪
この記事のURL | Jazz  Sax | CM(22) | TB(0) | ▲ top
やしの植え替えに悩む
2006/10/10(Tue)
4年ほどになるこのアレカやし、ミニだったのですが、植え替えで大きくなりました。
テーブルにはもう置けません。
やし類は広がるため置き場所に困るので、本当はあまり大きくしたくなかったのに、さすがに根が張りすぎてすでに鉢が小さく感じます。
そのままにして1年悩んでましたが・・・
せっかく大きくなってきたので、この際もっと大きくさせてみよう!
冬になる前にやっておきたいけどなあ。


20061009215650.jpg

この記事のURL | | CM(16) | TB(0) | ▲ top
世間では三連休
2006/10/09(Mon)
世間では三連休でしたが、いかがおすごしでしたでしょうか。

ちょっぴりブログについてグズグズ言ったり、ひとりごと言ってた私ですが、ブログのお友達で最近になってブログを閉じられた方が3人いらっしゃいます。
私がブログ開設当時から相互リンクをしていただいてた方達です。
ネットでのつながりとはいえ、最初は日記代わりのつもりでも、交流を続けてこられたかたがネット上にいなくなってしまうのは寂しいものですね。ネットは出会うのも簡単、でも去るのもあっさり。。。って・・・
う~ん・・・。

それぞれ事情がおありなので仕方がないのですが、ブログを長く続けていくためには無理をしない更新、ブツブツひとりごとも言ってみる、そして時にはスコ~ンと休んでみる。私はこれ。(でも休みが長すぎると復活しにくいですが。)

おともだちの皆様。突然消えないでくださいねっ!!!

私、上達はほとんどありませんが写真撮りますよ~♪
タマを撮るためにカメラ代えたのだし!!

後姿もプリティーなタマ。

20061009215746.jpg

この記事のURL | わたし | CM(32) | TB(0) | ▲ top
アニメ チャングムの夢
2006/10/08(Sun)
今日はHNKで放送ちゅうのアニメ チャングムの夢 の製作会社の方と監督と食事をご一緒させていただきました。

このアニメは、総合テレビで放送中の韓国ドラマ「宮廷女官 チャングムの誓い」に連動して企画制作され、本国の韓国・MBCで現在放送中のアニメーション・シリーズ。
本シリーズは、ドラマで扱われることが少なかった料理人見習いの少女時代に焦点を絞り、新たなエピソードと人物を追加。
アニメならではの表現描写を駆使し、料理対決やほのかな恋物語などをおりまぜながら、強い意志と明るさで料理人の夢に向って前向きに生きる少女チャングムの姿を描いています。
ごらんのかたも多いかと思いますが、まだの方 是非ごらんくださいね。


先日可愛い鉢を見つけたので、何に使おうかと考えたところ、
やはりハイドロにしてみました。
これは挿し木で増やした ちびパキラ。
もう少し大きい植物のほうがよかったかなぁ。
20061008230439.jpg


20061008230820.jpg



私の買い物用に、買ってもらいました(#^.^#)
ベンツとswatchのコラボ車 smart fortwo cabrio
左ハンドル フルオープン。
体格がいい夫が乗るとまるでチョロQ(笑)
    20061008230747.jpg

この記事のURL | お知らせ | CM(36) | TB(0) | ▲ top
ちょっとピンクまじりになったアブちゃん
2006/10/07(Sat)
今年の夏は長梅雨だったのと留守がちだったため、いつもは良く咲く夏の花がダメでした。
そんな環境の中でも春から夏じゅうずっと咲いていたアブチロン。
夏に黄色をアップしましたが、今は赤が沢山さいてます。
これは鉢植えで1m位。
20061008105537.jpg


アブちゃんの蕾。
20061008110424.jpg


夏の間の花はもっと赤味が強かったのに、
最近ピンクっぽくなってきました。
20061008110130.jpg



アブちゃんの黄色。
20061008105652.jpg

この記事のURL | | CM(10) | TB(0) | ▲ top
横濱Jazz Promnade 2006
2006/10/07(Sat)
都心の超高層ビル街はクラクラするので苦手、
若者であふれた渋谷は好きな街じゃないし、流行の店よりも古いものが好き。
お台場? なにそれ、行きかたよく知りませ~ん。知らなくても別にいいんですまったく困りませんから。(でも 一度は中 みておかなきゃ"^_^" 東京案内もできにゃいし)

私はやっぱり横浜が好き。ジャズ・プロムナードの話。
10月7・8日の2日間 横浜みなとみらい地区で開催される「横浜Jazz Promnade 2006」
みなとみらい・ドックヤードガーデン・関内・伊勢佐木町・中華街あたりまでいたるところで街頭無料コンサート。JAZZの生演奏を体験できます。 街中で気軽に演奏やパフォーマンスを楽しめ、年々注目が集まるにしたがって集客が飛躍的にアップしているそうです。今年も感動を体験するために訪れる方も多いのでは。私行けないかも。

横浜ジャズといえば老舗のジャズバー「ウインドジャマー」
帆船をイメージした店内デザインとジャズ・ライヴが魅力で、心地良いおとなの空間に
○十年まえ、初めて連れて行ってもらった時にはドキドキしたものです♪今度連れていってもらおうと思います。(誰に?)

そういえば先頃横浜プリンスホテルが50年の歴史を終え閉鎖されましたが、あの高台に見える磯子のシンボルがなくなったのはとっても寂しい限り。グスン。。。。子育て中テニスやスイミング帰りのランチ、そして仕事でも度々行ったのになぁ・・・


突然ですが、クイズ~♪
タマはどこにいるでしょう。
発見、正解でも何も出ませんけど。かなりぴんぼけ。
20061006151502.jpg

この記事のURL | わたし | CM(31) | TB(2) | ▲ top
アンディ・ウォーホールのジャケット
2006/10/06(Fri)
blue-lights.jpg

Blue Lights, Vol. 1 / Kenny Burrell

ジャズ名盤に必ず登場する なにを今更。のアルバムです。
飽きずに聴ける一枚で秋の夜長にぴったり♪
ケニー・バレルがブルーノートに残した6枚のリーダー作のうちの1枚で初期の秀作。 
ブローイング・セッションと呼ばれる形で録音されており、全貌は「Blue Lights Vol.2」と共に聴くことによって明らかとなります。
ケニー・バレルのギターソロ 「Autumn In Newyork」聴き応えありで、これと読書で秋の夜長を満喫~♪

ジャケットのブルー姫はアンディ・ウォーホール作で、ウォーフォールのジャケットはどれも飾りたくなる程おしゃれです。
ジャズのジャケットデザインはおしゃれなものが多いですが、ウォーフォールのイラストを使ったものでジョニー・グリフィンやグラントグリーン等があります。
ジャケットはクリエーターたちの自由な表現の場として錚々たる芸術家たちが、優秀なアーティストたちと関わってきています。良いジャケットは、いつの時代になっても評価されますね~


これは、ウォーフォールのマウスパット。
この赤い猫を見つけたときは、もちろん即買い♪
20061006122617.jpg


ここはうちのトイレ。
アンディー・ウォーフォールのミッキー。
20061006114206.jpg

この記事のURL | Jazz  Guiter | CM(32) | TB(0) | ▲ top
『日本沈没』のパロディ化
2006/10/05(Thu)
読書の秋です。
通勤電車と寝る前の読書が習慣だったのですが、どうも最近急におめめが・・・(泣)
近眼気味ですが、でも眼鏡なしです、私♪ (注。先に言っておきますが老眼もなし)

少し前になりますが筒井康隆著の「日本以外全部沈没 パニック短編集」(角川文庫)をよみました。
私は洋画はお付き合い?でも見ますが、邦画はほとんど見ないのですが、草薙くんの「日本沈没」については感想を以前かきましたので省略します(はっきり言ってつまらなかった)、
でもこっちも、ちょっと見たいなあと思っているのですけど・・・。公開され数日たっても立ち見がでるほどだとききましたが、さてこの映画どうでしょうか。。
原作は、究極のブラック・ジョークになっています。絶対に私なんかには思いつかない内容で、こんなストーリーがあるのかと思いながらも、作者さまの想像力に感服いたします。
本編の最後には、「原点『日本沈没』のパロディ化を快諾くださった小松左京氏に厚く御礼申し上げます」という作者からの一文が載せられています。小松氏も洒落の解かる方だったんですねー。


ちょっとタマが鼻水だしてました。風邪?

20061005112859.jpg

この記事のURL | わたし | CM(30) | TB(0) | ▲ top
「管理人の輪を広げよう!バトン」
2006/10/04(Wed)
「管理人の輪を広げよう!バトン」
 こんなバトンが回ってきました。
 回してくださったのは【ねこや雑記帳】のあずきちゃん♪

あずきちゃんご指名ありがとうございます。
9匹のにゃんこと暮らすハイセンスなあずきちゃんブログ。にゃんこ達の日常の他、なんといってもおすすめはお料理記事が満載。わかりやすいレシピで味付けのヒントをもらっています。 そしていい加減な私と違い、ジャズの知識は本格派。

       「管理人の輪を広げよう!バトン」
             neko5-1-2-13.gif
バトンを受け取った方は下記にHNの記載をお願い致します。

┗新空ちはら→佐和コウイチ→藤ちょこ→日原玲→虎津→狸狗子→絢→ 佐佑→ルク→三笠麻都→愛水麻彩→Kou→miyuki→マロン→みなみ→美波→そのみ→バイアリー・ターク→jasumin→新歌→はらぺーにょ→ruca→まつかぜ→jester→くっちゃ寝→アーティチョーク→Suzuck→criss →バブ→あずき→bluerose

★1.貴方のHNを教えて下さい
いちおう bluerose
おねえさま ブルーねえさん 青バラさん ローズさん など、
皆さんの呼び方がそれぞれ異なっております。
どうぞすきなのをお使いください(笑)

★2.貴方のサイト名を教えてください
「猫花JAZZごよみ」
深く考えず、好きなものを並べただけのタイトルで、
なんの迷いもなく即決定。どうせ続くとも思わなかったブログです。

★3.いつからこのサイトを始めましたか?
2006年1月30日です。

★4.管理人歴はどれくらいですか?
まる8ヶ月

★5.サイトのジャンルや属性について割と詳しく説明してください
タイトルどおり始めはテーマを決め、猫のタマの日常と花の記録、そしてジャズアルバムの整理をしていました。
お出かけのことや映画のこと、私のひとりごとも増え、今ではなんでもありなのでタイトルに並んだ三つは忘れてください。

★6.訪問者に是非行くべきだ!!と貴方がオススメできるサイト様を 5つ必ず書いて下さい (できれば簡単にジャンルの説明もお願いします)

ご紹介したいサイトは沢山ありますが、
バトンということも考えて、このサイトさま。


【大好きな音楽のこと】
植物園やライブなどにもご一緒できる、おしゃれなたんちゃん。
音楽がなければ生きていけないというピアノ弾きです。
スムースジャズの新譜に詳しいです。

【きっと逢えるよ】 
東京麻布にお住まいの、お料理がお好きなおきろんちゃん。
愛犬アメリカンコッカーのコリンちゃんとのハイセンスな日常や、
東京タワー六本木周辺の、おすすめのお店を紹介されている素敵なHPとブログです。

【カルロスのにゃんきゃす通信】
猫のキラランちゃんとセレブな生活をされている、趣味が多才なアートディレクターさま。
ブログはどこを見てもハワイとラテンがミックスされノリノリ♪
ウクレレ漫談、じゃなくって 演奏も披露♪

【車やさんはジャズが好き?】 
学生時代からトロンボーンをされていたぼんとろさん。
古典ものから新譜まで幅広くジャズを紹介されています。
ドライバーならではのお話も興味深いです。

【酒と映画とジャズの日々】  
タイトルみっつがお好きなかたにはたまらないアラシさんのブログ。
ブログペットのケンちゃんの記事、笑えます♪
最近お花の写真が増え女性ファン急増中。

☆ご紹介したブログ管理人さま、よろしかったらバトンお受け取りください。
スルーなさってもOKですからね。

これをご覧になった方、どうぞご自由にお持ち帰りください。そして「管理人の輪」広げましょう。

     neko5-1-2-13.gif neko5-1-2-13.gif neko5-1-2-13.gif neko5-1-2-13.gif neko5-1-2-13.gif

この記事のURL | わたし | CM(20) | TB(1) | ▲ top
ウィーン 美術アカデミー名品展 !!
2006/10/03(Tue)
たんちゃんと、新宿東郷星児美術館の ウィーン美術アカデミー名品展 にいってきました
このコレクションは名門ハプスブルグ家の女帝マリア・テレジア(16人を出産し末の子どもがあのマリーアントワネット)の黄金時代に仕えたランベルク伯爵から寄贈された740点の絵画が基礎となっており、展示は話題作80点。
「ルネサンスから近現代」のドイツ、イタリア、オランダ、スペインと多岐に渡ります。
さすがにウィーンなのはなんといっても『女帝マリア・テレジアの肖像』。ハプスブルク帝国を率いただけあって貫禄があり気高いオーラがいっぱい。
当時はモーツアルト、シューベルツが活躍していた時代で、マリアは政治だけでなく芸術文化にも力をいれていた偉大な母。女帝マリアって凄いパワー!

このコレクション展、日曜日はものすご~い混雑だそうです。お出かけされる方は平日がおすすめ。

ランチはおしゃべりがとまらず、ケーキも山盛り食べてまたまた楽しかった!!
都内や横浜に ○十年住むのに、新宿で写真とったの初めて。
まるで観光客だな。ははっ。(*^。^*)

下を歩きながら見上げているとビルが高すぎてふらつくし、私。
どうも私、超高層ビル街は苦手です。
20061003182036.jpg


都庁 最上階54階からの眺望。
少し曇り空だったため、富士山みえません。
20061003182330.jpg

この記事のURL | おでかけ | CM(20) | TB(0) | ▲ top
大鉢にグリーンの寄せ植え
2006/10/02(Mon)
これはボトルガーデン。フタをしているので、一度与えた水は、蒸発しても 容器内で再び水滴になり水やりはほとんど必要がなくらくちん。
このボトルは3年以上水やりをしていないのに、
枯れることもなく、そして成長はかなりゆっくりなようです。ズボラにぴったんこ。
20061002144721.jpg


ボトル以外のハイドロのものはやはりのびてしまい、2年もすると乱れてきたり、コケで汚れてしまったり・・・
大きくなりすぎたシンゴニウムを植え替えるためにガラス器を購入しました。
口径35センチ、お腹が膨らんでる所で55センチでかなり大きい。
入れてみると伸びすぎたシンゴニウムには合わなかったので、
ドラセナをメインに成長することも考えて、
ミニグリーンや挿し木したもの、オリズルランの子株等を植えてみました。
20061002144628.jpg


植物は
ハイビスカス、シンゴニウム、サンスべりア、ネフロレピス、
セローム、フェザーパーム、オリズルラン
きりん♪
20061002145206.jpg


何故か あひる~♪
20061002144604.jpg


この記事のURL | | CM(24) | TB(0) | ▲ top
「猫花JAZZごよみ」
2006/10/01(Sun)
お立ち寄り頂きありがとうございます。
初めてのかたや すでにお友達のかたに、
改めて「猫花JAZZごよみ」をご紹介させて頂きます。

元野良のタマの日常を中心に書くつもりのブログだったのですが、だんだんそれ以外のことも残しておきたくなり、いろいろ書いているうちに今ではひとりごとだけが多いブログになってきました。

そのなかで時々「ジャズ」アルバムに関することを綴っています。
これはあくまでも私がその日や前日に聴いたアルバムで、私のお気に入りや愛聴盤、おすすめ盤ばかりというわけではありません。
というのは、ジャズを書こうとしたきっかけは、聴かなくなって埃を被ったアルバムも多かったため、所有するものを改めて聴いてみようと思ったからで、聴いてつまらなかったものも登場しています。

ところが、沢山の方とネットで出会ううちに、あれも聴きたいこれも聴きたいになり、所有のもの以外にも増え始めています。
それらのことも書いておきたいとなると、ブログはアルバムのことだけになってしまいそうですが・・・

もともと、ジャズだけでなく広範囲で音楽が好きですし、それ以外にも多くのことに興味があり、あまりあれもこれもというブログ内容にならないようにしたいと思うと
このブログこのままでいいのかな・・・と思うこのごろです。
書きたいことを書けばいい・・・いや、そうもいかずのネットの世界ですしね。


いずれにしましてもこんなブログなのですが、今後もお時間がございます際には、お立ち寄り頂けるとうれしいです。


2006_0613tam9.jpg

この記事のURL | JAZZ | CM(45) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。