スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ヘンなサーチワード
2006/09/29(Fri)
アクセス解折を見てみました。
サーチワード、これがなかなか面白いですね!
私のブログにはジャズ関連の検索でこられるかたが最も多いですが、「bluebossa」「bluerose」はほぼ毎日。ジャズが充実していないこんなブログで申し訳ありません(笑)
次はお花の名前等でこられる方が多く、あ、猫のはっちゃんブログもサーチワードにありますが、ここは はっちゃんブログじゃないんです! 猫のタマですよー。
皆様上品な方が多いため、サーチワードで爆笑するものはあまりないのですが、

たま~におかしなのがあるんです。
今月は、

★blueroseの本名 生年月日
 blueroseの本名といっても・・・・・ブルーローズってバラですし。
 このかた何を調べたかったのでしょう。
★おねえさま ジャズブログ
 これで私のブログがひっかかるんですね。
 なんでおねえさまなんですかね。そもそも流行らせたひとはわかってるんです(笑)
 私ちゃんとHNあるんですケドね~(*^。^*)
★女子トイレ 覗き見
 これは、以前タマのトイレ姿の写真を載せたことがあるのですが、
 こんな検索にひっかかってます~。何を探してるんでしょ。
 

 あのぅ たしかにタマは♀ですが・・・

20060929124534.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | わたし | CM(28) | TB(0) | ▲ top
秋の夜長に
2006/09/28(Thu)
20060927235416.jpg

Alone Together/Jim Hall-Ron Carter

ジャズ記事を時々書いてますが、読まずにどんどん飛ばしてくださいね!でも、少しでも興味をもっていただきジャズ聴いてみよう。と思ってくださったらうれしいです。

お知り合いから喉のお薬を頂きました。
即効性があり、なんだかあっというまによくなったんです~
お薬をくださったかた、ありがとうございました。こんなところでのお礼で申し訳ありません・・・(*^。^*)

はい。今日は秋の夜長にぴったりのアルバムです。
ジム・ホールとロン・カーターのギターとベースの超地味デュオ。組み合わせは超地味ですが、飽きずにしみじみ聴けます。両者共日本で人気が高いのでご存知のかたも多いはず。あ、人気盤ですね。名曲ばかりなので大変聴きやすく、しみじみしたい時には良いアルバムです、

特にST.THOMAS。とてもシンプルな演奏なのですが阿吽の呼吸とはこれですね。ゆったり自由にインタープレイを楽しんでるかんじ。
ライブ録音のためちょっと録音状態がいまいちのようですが、よく聞いていると遠くでグラスの音が カチン♪ と聞こえたりで、それがとても臨場感があり雰囲気のある演奏が楽しめます。

ブログから受ける印象から、そのかたのイメージを勝手に作り上げてしまいますが、皆さんに実際にお会いできたらおもしろいですね、きっと。
ネコかぶりして文章書くことは多少できますが、コメントのやり取りとなると、そーとーボロがでますからねっ、特にわたくし(*^。^*)
あ、すでに記事でボロが出てますね~(笑


この記事のURL | Jazz  Guiter | CM(28) | TB(0) | ▲ top
若手ピアニスト、チャーラップ
2006/09/27(Wed)
20060927104439.jpg

Gene Bertoncini With Bill Charlap & Sean Smith
Bill Charlap(p), Gene Bertoncini(g), Sean Smith(b),

風邪気味です。
このところ少しモータウンモードになっていました。しばらくハマルと切り替えに時間がかかったりしますよね。

はい、切り替えて今日は1996年ノルウェーFloating Jazz Festivalでのライヴ録音。
このジャケットすごい顔ですが演奏はしっとりと美しい仕上がりに。Gene Bertonciniのアコースティック・ギターに、ピアノとベースが加わったトリオ編成のライヴになります。初期のタル・ファーロウを思い出す組み合わせですがこちらの演奏はちがいます。

Sean Smithのオリジナルの一曲目から、メロディが美しい名曲揃い、バラッドが多いのが特徴で、どれも演奏時間が長いのですがリラックスして楽しめます。You Can't Go Homeはとくに美しく原作がラフマニノフ。この曲で聴かせるいまどきの若手ピアニスト、チャーラップの叙情的なソロが絶品です。チャーラップが原曲の新たな魅力を引き出すことにかけては抜群の威力を発揮。

このアルバムではGene Bertonciniがどちらかと言えば主役ですが、Bill Charlapファンにもおすすめ。

私はチャーラップをよくしりませんでしたが、ニューヨークトリオはどれもハズレなしでした。が、また私には似合わないと言われそうなアルバム書いてしまいました。

この記事のURL | Jazz  Guiter | CM(18) | TB(0) | ▲ top
古いもの好き
2006/09/26(Tue)
ちょっと風邪気味ですが、みなさまいかがですか。

昨日テンプレートを変更したのですが、もう飽きたのですか? 
と ハワイなお方にいわれましたが、飽きたのではなく、
新しいものは落ち着かなくて慣れるのに時間がかかるんです私!!
本来私は飽きっぽくはありませんです~

思えば身の回りのものや音楽などでも、古いものが好きな理由は、
最新のものは落ち着かない という理由ですねきっと。
近代化についていけないだけかよ。。。と言われそう(;一_一)


ボツにしようと思ったヘンな顔のタマ。
いずれボツ顔特集をやろうかと思います。

20060925210056.jpg

この記事のURL | たま | CM(31) | TB(0) | ▲ top
増え続けるコレクション
2006/09/25(Mon)
わが家はここは何処?と思える無国籍な季節感なしなインテリアになってしまってます。ハワイアンなコーナーもあり、といってトロピカルでもない、そして興味がないひとにとってはどうでもいいようなコレクションがとっても多いです。時計やライターの展示?が多くお店みたいです。あとヘルメットにウエスタンブーツ。かぶらない履かないものが多すぎ!

あ、私のジャズアルバムもそうだから、聴かないのが多すぎと言われそうなのでこれ以上言えない・・・。

鉢はテラコッタとガラス器が好みで、グリーンの植え替えのたびに増えてしまいました。
これは以前陶芸をやったときに作ったもので、2個を麻紐でつなげて使ってます。今ここにはペーバーカスケードと花かんざしのドライ。みすぼらしくなってしまったので次はアイビーかワイアープランツを植える予定。

     20060925210600.jpg

20060925210018.jpg



この記事のURL | | CM(22) | TB(0) | ▲ top
秋彼岸
2006/09/24(Sun)
日中も過ごしやすくなってきましたね。
秋晴れのなか、品川にお墓参りに行ってきました。ここでもまたお祭ちゅうで、今日は阿波踊りに遭遇。意識していないのに、今年はお祭ばかりに出会ってます~。
今までは忙しいというばかりでお祭も意識してなかったのかもしれません。そんな時でもたまには立ち止まって景色もみなくちゃいけないですね。季節を感じて満喫する...うれしいものです。
そんなことも気付かずに毎日を過ごしていたので、悲しい限り。

クワズイモの植え替えようの鉢を捜し求めて、今日もみつかりません。
それと、先日シンゴニウムをハイドロに植えていたガラス器が割れてしまったので、それを植え替える底穴なしの花器もさがしてるのですが、これがなかなか大きさ形共に最適なものがみつからなくて・・・あとでネットで探そうっと。


国分寺でお茶したお店。
20060924210557.jpg


店内ではお香が焚かれていました。
草木染めやヘンプ素材の衣類、小物類が展示販売されており、グリーンに囲まれた不思議な雰囲気の癒し空間でした。
20060924212413.jpg

この記事のURL | おでかけ | CM(41) | TB(0) | ▲ top
ザッツザウェイa-ha a-ha♪
2006/09/23(Sat)
昨晩お友達3人で麻布十番キサナへ~♪
ザッツザウェイa-ha a-ha♪
KC & The Sunshine Bandの『That's The Way (I Like It)』ですよ~
今日はこびりついて離れない日です。ワンフレーズがこびりついた日ってありますよね。
今朝の私はこれですが、皆さんはこびりついたそんな曲ありませんか。

テーマから外れ、何ブログなのかわからなくなってます。←と、この台詞、何回も言ってますね、基本はタマの日常ブログなんです。
それが最近では私のつまらない日記ふうになってます、芸能人の大人気ブログでもあるまいし。。。

ちょ、ちょっとタマが怒ってるようです。タマの登場が少なかったですか。。
誰も見ないわと思いながらのブログも、よく続いてますね私。文章少ない、写真ほとんど一枚 なブログ・・・


20060923102345.jpg

この記事のURL | たま | CM(31) | TB(0) | ▲ top
ちょっとみすぼらしいクワズイモ
2006/09/22(Fri)
お店をされている方のHPでは毎日手作りケーキのメニューがあり、そして昨日と今日、お友達ブログでケーキのお話を見てしまったのでもう食べたい食べたいがとまりません。

さきほど、外は暗いというのに駅までひとっ走りして買ってきました。
モンブラン♪   (ちなみに時間は夜9時を過ぎてました。)
すみません。
すぐに食べたので写真はありませんが~(#^.^#)


ケーキは終わりましたがこれはわが家のクワズイモ、(ケーキとはなんの関連もありませんが)これは多分5年ほどになり、まだ一度も植え替えてないんです。
ちょっと最近では根が張りすぎて、葉もスカスカしてきたので、植え替え時ね。
花のコンテナは沢山余っているのに、室内用のが足りなくて
鉢買わなければ~といいながら気に入るのが見つからないまま1年になります。


20060921222929.jpg

この記事のURL | | CM(33) | TB(0) | ▲ top
お掃除もはかどるウキウキジャズ
2006/09/21(Thu)
337.jpg

Everybody Likes / Hampton Hawes


すかっ!と秋晴れのなか、お掃除しながらかけたアルバムです。
このワニ君 可愛いですねぇ。 georgeさんが紹介されていて前から気になっていたワニ君アルバム。立ち寄った渋谷Dユニオンで見つけました。一度見たら忘れないジャケットですもんね。これ。
このアルバム、トリオ盤がシリーズで出ており、世評ではVol1がNO.1という事になっているのですが、このワニ君のVol3もとっても楽しくなれるアルバム。

戦後駐留軍の兵士として在日していたハンプトン・ホーズは、その名前から"ウマ"さんの愛称で親しまれ(戦後当時のことは私はもちろん知りませんよー)日本のジャズ・ミュージシャンに多大な影響を与えたピアニスト。このアルバムはハンプトン・ホーズ初期のもの。

パウエルの影響を受けているのですが間の取り方が独特でブルース・フィーリングに溢れ、どこかが違う一味が心に響きます。Vol1はジャズ大好き♪と思えるとっても楽しい一枚。このVol3もワニ君の表情どうり気持ちよく楽しめ、ウキウキとお掃除もはかどるアルバムですよ~♪

ここでのオリジナル曲「 Cookin' the Blues」はスタンダードの多いアルバム中でもノリノリ。
バラットのガーシュウィン「Embraceable You」と、ソロの「Polka Dots and Moonbeams」も好きです。

この記事のURL | Jazz  Piano | CM(20) | TB(1) | ▲ top
パソコン復帰
2006/09/20(Wed)
パソコンやっと復帰しました~!
少しずつになりますが、皆さまの所にまたおじゃまさせていただきますので、よろしくお願いいたします^^

先日の写真はIKEA横浜店で、正解者多数。(なんでわかったんでしょ"^_^")
車でたまたま通ったのですが渋滞で大変なことになっていて、車も入れない状態だったのでお店はみてないのです。この渋滞 今だけの現象ならいいんですけど。
お店なかなか面白いらしいので、ほとぼりが冷めたらいってみようっと。


夏のお花が今年は全体に調子が悪く咲かないものが多かったので、多年草も含めてかなり整理しました。でもまだこれは一部。
ワッサワッサだった 挿し木3年目のアイビーゼラニウム詰め合わせ を枯らしてしまった! 枯れたのはこの詰め合わせだけですが大きく育っていたのでショック...
はぁ・・・
オリズルランのランナーから伸びたものを、右下ゼラニウムの鉢に植えたら、ひと夏でこんな大きくなりました。
20060920090346.jpg


夏の花も終わりかけ今はほとんどお花咲いてない状態。整理した大型コンテナがゴロゴロしてるので、なんとかしなきゃ。
そんなわけで葉っぱだらけですが、左は10年以上になる金のなる木から挿し木したもの。右はセダムの詰め合わせで、赤紫の葉っぱはパープルナイト。
20060920085607.jpg

20060920085628.jpg

この記事のURL | | CM(36) | TB(0) | ▲ top
ちょっとフランク永井な グラント・グリーン
2006/09/15(Fri)
tocj4154.jpg

IDLE MOMENTS / GRANT GREEN

グラント・グリーンの本が一冊出ているそうなのですが、このところ評価があがってきてるのですね。哀愁に満ちたグラント・グリーンは数回書きましたが、これは完全に夜ムードで、特に今日のように小雨が降る夜に似合います。

作り手はいかにリスナーに退屈させないかを苦労するのだと思いますが、このアルバムは直訳で「退屈なひととき」を表現した音楽という、非常に希有なアルバムであるといえます。

マイナーのブルージーなテーマで始まり、このタイトル曲のこのうえなくマッタリ感を初めて聴いた時は、フランク永井のムード歌謡曲を思い起こしたのですが、私おかしいでしょうか!(笑) そして醸し出す雰囲気が○○駅前の○○商店街のはずれにありそうな古びたスナック(スナック菓子ではない)のイメージ あれなんです。
題名通り全編を通してけだるい雰囲気支配ですが、緊張感溢れる各人のソロが曲を引き締めてます。テーマの退屈なムードを壊さないように、慎重に丁寧に演奏し、名演です。これを聴くためにこのアルバムがあるといってもいいくらい。

サイドにボビー・ハッチャーソン、ジョー・ヘンダーソン。このアルバムは4曲入りで、「いかにもブルーノート」なアップテンポが2曲で、ほか1曲が「ケダルイ渋いモード」で演奏される「ジャンゴ」。MJQよりも私はこちらのジャンゴのほうがすきです。

ムード重視な方におすすめですが、無気力になりませんように~(#^.^#)


この記事のURL | Jazz  Guiter | CM(22) | TB(3) | ▲ top
ジャズの季節♪
2006/09/14(Thu)
どのジャズを聴いてもしっくりくる季節になり、アルバム欲しい病になってます。聴きたいものは古典物が多く、新しいものに進めません。ユニオン行かなきゃ。
なんといってもジャズのお友達ブログに行きますと、ジャズベテランの皆さまは心得ていらっしゃるので私の好みにぴったりなものを勧めてくださり、
じゃんじゃん「ネットお買い物カゴ」に入れてしまっていっぱいになっちゃったです~(^^♪
ユニオンどころじゃない。 AA-CatPose_005-030-M.gifいったいどないすんねん15枚♪

ちょっとパソコンの体調が悪いです。


   20060914231207.jpg

この記事のURL | たま | CM(23) | TB(0) | ▲ top
花占いの結果に にんまり♪
2006/09/13(Wed)
強い信念と絶対的な埃、じゃなく誇りを持つ個性的なアザミ嬢です。
昨日の花占い、皆さんのお花の花言葉を見て面白がってた私です~(*^。^*)
幸いにも(不幸にも?)私と同じ結果だったかた、個性を発揮してがんばりませう!(笑

雨模様でしたが、お仕事のかたはお疲れ様です。
家事専念のかたは雨の中お買い物に行かれたのでしょうか。
ワンコが雨のなか、飼い主さんとオソロイのレインコートを着てお散歩していました。
部屋猫にお散歩はありませんから、雨でも晴れても寝てるだけなのよねー。

弱っていたタマを保護したのは大雨の中でした。
今では寝てるか外を見てることが多いのですが、窓から外を見ていったい何を思うのでしょう。

タマはもう雨の中歩かなくてもいいんだよ。。


20060913174001.jpg

この記事のURL | たま | CM(51) | TB(0) | ▲ top
花占い
2006/09/12(Tue)
こんなのがありました。 花占い 
生年月日と血液型を入力すると、24種類の花タイプ
いずれかの結果が表示されます

私の結果はアザミ(やっぱり私 地味ね、バラがよかったのに・・)
heart1-4-2.gif基本性格 
独創的という言葉がピッタリなアザミタイプ。とにかく、自分だけの特別ななにかを求めつづける個性のかたまりのような人です。 他の人には到底考え付かないようなことを成し遂げたりもしますが、好きなことに集中するパワーが半端ではないので、「変わり者」と呼ばれてしまうことも。
しかし、とても強い信念を持ち、絶対的な誇りがあるので、自分の理想に反していない限り、人がなんと言おうとも気になりません。
しかし、人のいない場所は苦手なので、都会を好む傾向にあるようです。
heart1-4-2.gif恋愛観 
干渉されたり、命令されたりすることを嫌うので、あれこれ言わずに静かに見守ってくれる、包容力のある相手を好きになることが多いようです。また、同じように夢中になる何かを持った相手も合うでしょう。
自分の恋愛を人に干渉されるのも嫌いなので、友人に恋愛相談することは少なく、自分で結論を出すことが多いようです。
heart1-4-2.gif仕事運 
理数系や技術系に強く、コツコツとデータを集めては研究を重ねる、いわゆる学者型の仕事のこなし方をします。世間体などを気にすることなく、マイペースに努力をするので、後に大きな仕事を成し遂げる可能性有り。どちらかというと大器晩成型。


生年月日に関する占いは意識してなかった面でも当たる部分が多く、
自分を見つめなおしてみたり・・・・わたし恋愛観あたってますよ!
さてあなたは?

この記事のURL | わたし | CM(37) | TB(0) | ▲ top
これ聴かずに死ねるか!
2006/09/12(Tue)
20060718172544.jpg
 Modern Touch / Marty Paich

またジャズです。
ビックバンドはあまり聴かないのですが、これは何人かのお友達ブログでも紹介されていて、「棺桶盤」、またどなたかが「聴かずに死ねるか。」といわれていたので、これは聴くしかない!
「I GET A BOOT OUT OF YOU」「THE BROADWAY BIT」の2枚のアルバムがカップリングされたものでかつて「踊り子」「お風呂」として大ヒットし、今でもこのアルバムを捜しているアナログ・ファンが多いそうです。数年前に2in1国内盤として復活したものが廃盤に、そしてようやく輸入CDで入手しやすくなったもの。

優等生的なエリントンに比べ、リラックスして聞けるビックバンドもの。アートペッパー等ウエストコーストを代表するアーティストが勢ぞろいで悪いはずがありません。とっても楽しい~♪
ロック好きだった私ですが、マーティ・ペイチはデヴィッド・ペイチ(TOTO)の実父。入り方がそこからでも楽しめます。

全編で演奏しているアート・ペッパーとベースのスコット・ラファロがすごい。アート・ペッパーはこのころ麻薬のどん底にいたころですが、ペッパーのソロは絶品です。(ペッパーのビックバンドものは以前にも書きました。
エヴァンスとの共演が多いスコット・ラファロ、ラファロがベース弾いてるだけでもうれしい。アルバム全体を引き締めてる感じ。
「The Modern Touch」がこれがカッコイイ。
「It Don't Mean A Thing」のMel Lewisのドラムのカッコよさ、そしてソロまわしの楽しさ~
「Love For Sale」のアレンジはとってもゾクゾクします。

ビッグバンドはうるさいし・・等、食わず嫌いしてる人にもお勧め。
やけにハイになれます♪
1959年の録音ですが、斬新で新鮮さを感じます。
あ、このジャケットって眺めているだけでも嬉しい♪そうなのですが(ふ~ん、別に私はどうでもいいんですけど)、踊り子が表、お風呂が裏面だとよかったのにね。ぷぷぷ(笑




この記事のURL | Jazz  Piano | CM(20) | TB(3) | ▲ top
マリガン、モンクに文句?
2006/09/11(Mon)
20060911131838.jpg
Mulligan Meets Monk / Gerry Mulligan

ジェリー・マリガンとセロニアス・モンクの共演。
どちらがリーダーなのかわからないアルバムですが、そんなことはどっちでもいいこのアルバム。

バリトン・サックス・プレイヤーのジェリー・マリガンは都会的でクールなウエストコースト。共演者泣かせのモンクは、マイルスとのあの有名なクリスマス・セッションで「俺のソロのバックでは弾くな」とマイルスに言わせましたが、このアルバムはコルトレーンを従えてファイヴ・スポットに出演していたモンク最盛期の頃になります。

このミスマッチとも思える二人の組み合わせがなかなかです。
冒頭曲の「Round Midnight」から、二人が会話をしているかのような相性ばっちりなソロのやり取り。
「Rhythm a Ning」はモンク曲でヘンテコりんな曲ですが、マリガンのアドリブに誘発されたモンクがバックで頑張りました。
マリガンオリジナル「Desidedly」では、モンクが途中でピアノをやめてます。
俺の後ろで弾くな。とマリガンにいわれたのでしょうか(笑

このモンクとの共演をマリガンが望んだのだそう。
このスタイルが異なる二人の共演は互いに相手を刺激し触発するという良い形になってます。モンクワールドが好きな私には、おとなしくさっぱりとまとまりすぎた感はあるのですが、モンクが苦手なかたも安心して聴けるアルバムです。
この記事のURL | Jazz  Sax | CM(28) | TB(0) | ▲ top
蝶を克服~
2006/09/10(Sun)
ついに蝶を撮りました!
蝶が嫌いなかた、この記事とばしてくださいね。
私 実は蜂くんどころか蝶も苦手なのですが、(触覚付きと多足ものが苦手)苦手なのに魚や蜂の次は蝶を撮りたいと思っていたら、アゲハに遭遇したので思わずカメラ出してました。

春には桜並木が見事になる川沿いのお花畑です。
20060910182331.jpg


撮ってる時には夢中で蝶を追ってるので、苦手意識がなくなってるから不思議。
20060910182351.jpg


そんなこといいながら、でも触覚あるし・・・
アップでは眺めたくないのが現状で。。。

実はここに3枚目の写真、羽全開 蝶のドアップ(画面いっぱいに羽)を載せたのですが、やっぱりだめだぁ~。
削除しました(-_-;)
この記事のURL | | CM(24) | TB(0) | ▲ top
世田谷サザエさん通り
2006/09/09(Sat)
世田谷のサザエさん通り、ミニねぶた祭に寄りました。
長谷川町子がかつて住んでいたことからサザエさん通りがあり、この商店街で姉妹町の青森からねぶた祭を招きミニ祭の開催。今日のために青森からバス2台で8時間かけて来られたそうです。

サザエさん一家のドラ焼き売り場が長蛇の列でしたが、
今日は根性で並びましたー^^

これのため!!!。
サザエさんちの タマちゃんドラ焼き~(*^。^*) 中身クリーム。
サザエさんは粒あん。
       20060910022447.jpg


お祭はこちら →
この記事のURL | おでかけ | CM(29) | TB(0) | ▲ top
太りすぎ~!
2006/09/08(Fri)
このこは娘の家のいたずらクゥちゃん。
PCのなかの自分の写真を覗いて「きゃわいぃぃ~♪」
動き回るので太る暇がありません。
      ku060802_023926_Ed_M.jpg



タマの場合は、横たわるとお腹、すごいことになってます。食べてくれるからと喜んでる場合じゃなくなってきました。
タマが毎日キックをするので、同じ場所だけだんだん削れてきたダイニングの椅子の足。唯一ここでのキックが、タマの運動!?
20060908191714.jpg

この記事のURL | たま | CM(34) | TB(0) | ▲ top
スタンリー・タレンタイン おとなのジャズ
2006/09/07(Thu)
00000600588.jpg
Blue Hour/Stanley Turrentine & the Three Sounds

スタンリー・タレンタインは2度目になります。

このアルバムはジャズ評が抜群に面白いturuさんが「大人のアルバム」と評されていたものです。
turuさんのツボを得たアルバムレビューを読むと、同じアルバムのことを書くのは気がひけて書けにゃい・・・のです。50回以上100回は聴き込んだら書こうと思っているのですが、聴きたいものが沢山なのでいったいいつになるのかわかりません。

そこで秋も深まりそうな今日この頃ですから、もうそろそろでしょうか(^^♪
・・・・とういわけで
このアルバムはスリーサウンズとタレンタインのコラボレーション。
スリーサウンズはトリオで、ジーンハリス(ピアノ)アンドリューシンプキンス(ベース)ビルドディ(ドラム)。傾向としてはファンキーピアノトリオといえばわかりやすいでしょう。ファンキーピアノの代表格ホレスシルバーとは毛色はちがいますが。

タイトルにブルー、ハズレなしでした!!
夜のムードを演出しているジャケットがGoodなこのアルバムは、全編スローでブルーなけだるい雰囲気で、このジャケットのイメージのまま、大人のジャズです。
タレンタインのソウルフルなテナーとスリーサウンズの甘いトーンが朗々と響き渡り、これがとてもいい雰囲気ですよ~
軽めのスリーサウンズも、コ細工してなくて力強くたくまいタレンタインと混ざると、アーシーな味わい深い感じになるんですね。スリーサウンズもトリオアルバムよりも、このような伴奏に回った演奏のほうが個人的には好きです。
スリーサウンズはあまり好まないというかたも、これからの季節にソウルジャズの醍醐味をどうぞ。

タレンタインのリーダー作では「Sugar」「Cherry」のヒット作があり、サイドメンとしても名前がみられるのですが私は深く知らなかったので、ちょっと意識して聴いてみようと思います。

この記事のURL | Jazz  Sax | CM(28) | TB(2) | ▲ top
道端の知らない草花
2006/09/06(Wed)
一昨日おうちの周りでそれも目のまえの一角で撮った草花で、今まで通り過ぎるだけでぜんぜん気づいてなかった 名前がわからないお花。
気になるので載せてしまいます。
道端で出会う知らない草花も(知らないの私だけ?)、気づくと実に楽しいということを発見。


葉色が美しかったこれ。見たことあるような、ないような。。。
20060906123040.jpg


ただの雑草???
20060906122929.jpg


これも。
20060906122817.jpg



これは知ってたハナトラノオ。花穂の形が虎の尾に似ているので「花虎の尾」なのだそう。ほぉ~。
公園や空き地での群生が見られる花。これは他の雑草に負けないくらい元気で見慣れた花だったので、花としての観賞価値は考えたこともなかったけれど(これ仏花?)写真撮るとなかなか可愛いのね。
20060906122835.jpg


追記
名前がわからなかったお花の写真をアップしましたが、皆様からコメントをいただき判明しました。
一番上から
初雪草、ゼフィランサス(和名タマスダレ)、マツバギク
どれも聞いたことがある名前なのに、現物と名前が一致してなかったですね私。
名前がわかりとってもうれしいです。ありがとうございました。
最近は舗装された道路が多いので、なかなか道端の花。。といっても出会いにくいのですが、また見つけたら写真撮ってしまいそうです。
この記事のURL | | CM(30) | TB(0) | ▲ top
シャワーの後で
2006/09/05(Tue)
2か月ぶりの入浴で、とっても小顔になりました。
段首でオヤジラインだった肩まわりもすっきり、
首のラインがまるでアビシニアンなシルエット(*^。^*)
     20060905142638.jpg


ところが 乾くと膨らむのよねぇ。
同一猫とは思えないシルエットの違いはどうなってるんですか、この段々アゴ。
この首周り、全部「毛」なのでしょうか・・・短毛のタマなのに。
20060905162630.jpg

この記事のURL | たま | CM(41) | TB(0) | ▲ top
今頃気づいた近所の草花たち
2006/09/04(Mon)
おともだちのアレッサさんさんのブログで知ったホウキ草を、今日マンションの下で発見しました。
ホウキ草の周りをみると、他にもいろいろお花がさいているので、めずらしく、おうちのまわりで写真撮ってみました。

実はホウキ草、今まで気にもとめず、多分雑草なのだとおもっていたのですが、昨日存在を知ってからは、近辺のお宅の玄関先に鉢植えがあるのを、今日いくつか見ました。

繊細で美しい葉っぱなんですね。
20060904184855.jpg


これは名前がわかりませんが、よく見かけるんですけれど、ここでは群集です。
私って、育てた花以外、知らないお花が多すぎ"^_^"
20060904184918.jpg


おなじみコスモス。
白コスモスは失敗。花マクロ 難しいです~
20060904185200.jpg

20060904185219.jpg


写真を撮っていたら、ハチ君が集まってきました。
やった~初めて虫が撮れましたぁ!
って、なんで喜ぶんでしょうか。。。。

虫大嫌いな私なのに、写真撮ってうれしがってるし。
私も日々変化してます。
20060904185241.jpg

この記事のURL | | CM(32) | TB(1) | ▲ top
国際フォーラム 東京JAZZに行ってきました
2006/09/03(Sun)
     20060903111252.jpg

 
ジャズ友達のたんちゃんと、そしてジャズ好きな私の夫と共に、
昨日楽しみにしていた国際フォーラム「東京JAZZ2006」に出かけました。
この東京JAZZ2006、チケット争奪戦に敗れ去ったかたが多いとききました。ヤフオクで高騰中だったようです。
私達は真ん中の16列。これがとっても最適な席!!
昼の部は中だるみがあったと聞いていたので、夜の部で正解でした。

ニューヨークで活動している上原ひろみ。
私はテレビでチラッと見た程度でほとんど知らなかったのですが、日本を代表する若手天才的ジャズピアニストで16歳の時にチック・コリアと共演。
実物を見てびっくり!彼女の演奏は聴くというよりも見た方が絶対面白い!!感性がほとばしっていて、まさにアーティストという感じ。
小柄な体で飛び跳ね髪を振り乱し演奏する姿はまるで連獅子!!鍵盤を破壊するのではないかと思えるほど!あのキースエマーソンを思い起こしました。
息つく間を与えない密度の濃い楽曲、切れの良いサウンドは もぉ~凄いー!!の一言。
大変豊かな表情を持つ人で、演奏してるときの真剣さと楽しさが混じりあい、その表情がとても可愛いのが印象的で、ただただ「ポカ~ンと見ているだけ」の私でした。

グレートジャズトリオのハンク・ジョーンズ。
ジョーンズ三兄弟の長男にして未だ現役バリバリの大御所、私の一押しハンク・ジョーンズは、渋いスーツ姿で登場です。
思っていた通りAutumn Leavesやってくれました。
御歳88歳ですがあのパワー信じられません。やはり歴史を重ねた貫禄はすばらしく、全盛期に比べ多少衰えたといっても生で聴くのは鳥肌~。
それになんといってもあの笑顔がとってもチャ~ミングーーーー♪♪
こういう演奏を聴くと、ほかの若いの聴きたくなくなる んですけどね~

ちょっと(かなり)太ったチックコリアはノルウェーのトロンハイム・ジャズオーケストラ(2000年に共演)と共に登場。Return To Forever Spainで大変盛り上がりました。
1941年生まれですから、今年でもう65歳。氏のオフィシャルサイトから公演スケジュールを見ると、8~9月に7カ国というロード。65歳で定年どころか現役バリバリで世界をかけ回る人生はすばらしいです。
ジャズアーティストの65歳は現役として円熟の域ですわね。時代ごとに変化してきた彼ですが、チックコリアを聴くと、万年初心者な私、中途半端なジャズ耳を試される思いです。

6時半開演で、終了したのは11時半。
食事をしてお買い物をして、帰宅したのは2時でした。

この記事のURL | ライブ | CM(40) | TB(1) | ▲ top
チャーリー・ヘイデンとパット・メセニーのデュオ
2006/09/01(Fri)
pat-haden.jpg
Charlie Haden&Pat Metheny/Missouri Sky


9月です。秋は寂しくなってしまいあまり好きではない私です。
すこしお休みしておりましたジャズカテゴリー再開♪

チャーリー・ヘイデンとパット・メセニーのデゥオで、二人のアコースティックな美しい世界が聴けます。メセニーのガットギターとチャーリーのアコースティックベースが混じり合い、これがなんだか悲しくなって、涙が出そうになります。静かなギターとベースが、秋を感じる今日この頃の、過ぎ行く夏空を眺めたりするのに似合いそう。

ミズーリはメセニーの出身地、そして、チャーリーも子供の頃に住んだことがあるとのことで、いろいろな思いが詰まった場所なのでしょう。このアルバムは、子供時代に夢見たミズーリの空の向こう側の遠い未来がイメージなのかもしれません。

パット・メセニーはもちろん、このチャーリー・ヘイデンは何とすてきな世界を作る人なのでしょう。アメリカ的な、広大で美しい風景が目の前に広がり、そしてミズーリを知らないのになぜか懐かしさを感じるのです。

このアルバム、ライヴ演奏2曲の映像とインタビューを収録したDVDのおまけがついた限定盤が出てるようです。メセニーファンならこちらのお宝映像付きが良いかも。




この記事のURL | Jazz  Bass | CM(42) | TB(2) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。