2006 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2006 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ライブに行きたい病
2006/07/31(Mon)
横浜にはジャズスポットが多くあり、良いライブをやっているときに時々行っていた老舗のひとつ、関内Barbarbarは、一流ジャズミュージシャンも多く出演しています。ここは学生の頃からジャズ好きな友人に、初めて連れて行ってもらったのが ○十年前。
ブルーノートクラスの海外ジャズメンはいませんが、こういうお店は特別お高くもないので気軽に行けるライブです。

本日の出演はgtの高嶋 宏さんで、夏の夜のジャズギターを堪能できました♪ 大変渋い風貌のかたですが、活躍をよく知らないため中途半端にコメントできませんが・・・


それにしても梅雨明けしたのに、梅雨のようなどんよりした一日で、いいかげんシャキッとしたいですよねっ!
明日は花火なんですよね~^^

1.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | ライブ | CM(30) | TB(0) | ▲ top
スタン・ゲッツ の2枚目
2006/07/31(Mon)
umanek46.jpg
Stan Getz & Jimmy Rowles/The Peacocks

関東では30日にようやく梅雨明け宣言がありました。
なのにさほどスカッと晴れてませんよ~

本国ブラジルではほとんど聴かれていないというボッサが聴きたくなりますが、そこでスタン・ゲッツ。
ゲッツの音楽は、夏の青い空と浜辺でパラソルが似合うでしょうか。
これはジャケフェチな私好みで◎ ボッサといいながら内容はボッサアルバムではありませんが。
 
実際のゲッツの私生活はまったく浜辺が似合わず悲惨を極め、酒と麻薬に蝕まれ無茶苦茶、公演では手を抜くはで、人間性に問題があろうかとも思えるのですが、ゲッツには絶えず創造性が溢れつづけ、一線で活躍し続けたのがすごい。
たとえ性格に欠陥があっても私生活がめたくたでも、ぐたぐた言いません。すばらしいものが聴ければそれで満足です。

いいも悪いも、好き嫌いは別として、
ゲッツがすごいのは、その時代に一番受けるものを取り入れてしまうところ。ゲッツがショーターの曲をやったり、エリントン・ナンバーをやってます。ここでは心に染みるゲッツの名演。
ジミーロウルズのピアノ&ヴォーカルをフィーチャーし、サイドにジョン・ヘンドリックスやエルヴィン・ジョーンズが加わり、ジャズの醍醐味をかんじる名盤です。

この記事のURL | Jazz  Sax | CM(13) | TB(0) | ▲ top
杜仲茶のダイエット効果
2006/07/30(Sun)
テレビで杜仲茶の特集をやっていて、何気に見ていると
脂肪減少
冷え性による腰痛に
高血圧症の救世主
肝機能を高め、二日酔いもスッキリ

と、いいことづくめの効能をうたっていました。

また、お茶ですかっ。この手の番組はどうも胡散臭さが漂うのですが!

にゃににゃに、体内の脂肪を減少させ、肥満を軽減させる働きがあることが科学的にも立証されており、そして最近は高血圧の予防などにも効果があることが知られてきているとか。

私は杜仲茶飲んだことないような・・・・

この杜仲茶を、脂肪のかたまりみたいな体型をしたモニターの方が、2週間飲み続けたところ、おなか周りがなんと20センチ減!20センチですよぉ!
ベルトにのっかるハミ出たおなかがぺったんこになり、ぱんぱんだったパンツがスカスカに!内臓脂肪がみごとになくなって、高血圧なひとも標準値に下がり、これ杜仲茶2週間でですかぁ。

ほんとかなぁ~。こんなんで内臓脂肪が減るわけないだろっ。と思いながら、20センチ減ったお腹を見た私、杜仲茶買ってみようっと。


ダイエットが必要そうなおなかがたぷたぷのタマですが、ウサギで効果があったそうなのですけど、猫に効果はどうなのかしらん。


20060729112317.jpg

この記事のURL | たま | CM(34) | TB(0) | ▲ top
タマのスカッと写真
2006/07/29(Sat)
梅雨あけませんね~
関東は7月いっぱいは曇り空が続く見込みで、梅雨明けは8月にずれ込む可能性が高いのだとか。8月の梅雨明けとなれば、03年の8月2日以来。
今朝は晴れたのに、晴れたのは一瞬でまた曇り空に。
気象庁では、顕著な冷夏にはならないだろうとの予想ですが、統計的にみると不安要素が多い夏が心配されます。
地球上を取り巻く偏西風(上空の西風)が、大きく蛇行しているので、寒暖が極端に出るらしいのです。
おかげでblueroseも風邪ひきました。


スカッとしませんねー。
今日はいつも寝ている写真ばかりの、
タマのめずらしくスカッと写真。

     20060729112925.jpg

この記事のURL | たま | CM(34) | TB(0) | ▲ top
にこたま第一園芸
2006/07/27(Thu)
最近写真の取り込み、ブログアップに時間がかかり、途中で中断してしまってます。たいしたことも書いてないのでせめて写真だけでもと思うその写真が、アップできにゃい!

にこたまの第一園芸に寄りました。
ここはワンコ連れのかたが大変多く、お茶するところもワンコOKでハイセンスな風景。
ここで野良のサバトラ猫のタマじゃあ ねぇ・・・・

先日アレンジでよく見られるトルコキキョウの鉢を見切り品300円で買ったのですが、まったく元気がありません。
買った日に写真を撮れなかったのですが、だんだんしおれてきた!
種蒔き1~2年草ということで、枯れたらおしまいらしいのですが、調べてみたら2年目のトルコキキョウが開花することも知りました。う~枯らしてはなりません。

管理方法わかるかたいらっしゃいますでしょうか。

20060727143707.jpg


20060726123847.jpg

20060726123816.jpg


20060726124622.jpg

この記事のURL | おでかけ | CM(15) | TB(0) | ▲ top
JJといえば どのJJ?
2006/07/27(Thu)
20060727012901.jpg
J.J. ジョンソン(tb)/ J.J.'s Broadway  


JJといえば、あのJJ、
そして黒田ちこさんを思い浮かべるかたは、
私と同年代の女性かと思われます!!!

このJJはあのJJではなく、トロンボーンの中でも群を抜いているモダン・トロンボーンの第一人者のJJ。
カウント・ベイシー、チャーリー・パーカー、ディジー・ガレスピー等のジャズメン達と多くの競演を行い、トロンボーンとは思えないそのテクニックを是非聴いて欲しいです。

このアルバムは内緒にしておきたかったのですが、紙ジャケで初CD化されていますので手に入りやすいようです。
J.J. ジョンソン唯一のリーダー作であり、タイトル名どうりブロードウェイ・ミュージカルの名曲が収録されています。J.J自身がブロードウェイ・ミュージカルの曲の中から厳選し、全曲アレンジを施しておりアレンジャーとしての才能も発揮。アルバムに対する創造的意欲が伝わります。

J.J. ジョンソンの名盤は50年代のものをあげられることが多いのですが、このアルバムの'63年前後ころのJ.Jは円熟味が加わり、最も優れていたように思います。是非この時期の他のアルバムも聴いてみて下さい。

この記事のURL | Jazz  Trombone | CM(22) | TB(1) | ▲ top
ラテン風味な カーティス・フラー
2006/07/26(Wed)
SOUTH_AMERICAN_COOKIN_CURTIS_FULLER.jpg
カーティス・フラー(tb)/South American Cookin


今朝はようやくピカッと晴れました~!
こんな時はコテコテジャズが暑苦しく感じます。

この楽しそうなジャケットは、このまま聴いてやっぱり楽しいアルバムです。
ズート・シムスファンも忘れていけない隠れた名盤カーティス・フラーの「サウス・アメリカン・クッキン」ズートとトミフラ入り。
数年前はコレークターズアイテムになっていたようですが、廉価版でも発売されていますので容易に探すことができると思います。

ラテンジャズな感じを取り込んでいるのですが、フラーのトロンボーンが柔らかいトーンでくつろいだ雰囲気に仕上がっています。
ポピュラーな曲が並び「 Hello Young Lovers 」が○。
そしてここでもトミー・フラナガンのピアノを忘れてはいけません。このアルバムでも好演。
「Besame Mucho」「One Note Samba」「Autumn Leaves」とおなじみの良いものが揃っていて楽しめます。
まだのかたは是非聴いてみてください。

カーテス・フラーの今更の名盤
こちらの「Blues Ette」 は必須です♪

この記事のURL | Jazz  Trombone | CM(23) | TB(0) | ▲ top
机には乗らないはずのタマ
2006/07/24(Mon)
机には乗らないおりこうタマが、ひょいと見ると、机の上に脱いだ誰かのシャツの上で寝てるではありませんか~ 
机の上に乗るのは厳禁なのですが、わざわざこんなシャツの上でまるまった形が可愛くて、怒るに怒れませんでした。
これは初めてみる光景ですが、どうも慣れたご様子。

もしかして乗りなれてるのですかっ。机。

机には乗らないはずのタマなのですが、
そう思っていたのは私だけかしらん・・・


20060723015237.jpg

20060723015256.jpg

この記事のURL | たま | CM(26) | TB(0) | ▲ top
渋いバリー・ハリス
2006/07/24(Mon)
harris_plays_dameron1.jpg

バリー・ハリス/Barry Harris Plays Tadd Dameron
BARRY HARRIS (p) GENE TAYLOR (b) LEROY WILLIAMS (ds)
収 録 曲
HOT HOUSE . SOULTRANE . THE CHASE . LADYBIRD . CASBAH . IF YOU COULD SEE ME NOW . THE TADD WALK . OUR DELIGHT

渋いバリー・ハリスが、渋いタッド・ダメロンの曲を集めたアルバム。「Our Dlight」は特に好きな曲。
1975年の録音と新しめですがXanaduのジャケットが渋くておしゃれ。検索で見つからないので収録曲を書いてみました。
バリー・ハリスをご存じない方、超名盤リー・モーガン「Sidewinder」のピアノがハリスです。 好きなピアニストのひとりですがハリスは教育者としても有名で博士号を持つ大学の教授です。ご興味おありのかたは以前にも別アルバムを書きましたのでこちらもごらんください。

様々なアルバムに参加していますが、魅力はピアノトリオ。
本作では、Hot House、Soultrane、 Our Delightのスタンダードが良いです。

「Soultrane」この曲はコルトレーンの名盤『ソウル・トレーン』の曲?と思ってしまいますが、ダメロンのこれは『MATING CALL 』に入ってます。しみじみとした名バラードで淡々とハリスが弾いていて、ノリノリソウルジャズを聴きなれているため多少物足りなくも感じるのですが、渋い。

バップ・ナンバーの「Ladybird」この曲のコード進行に基づいてマイルスの「Half Nelson」ができたそうで。

「You Could See Me Now 」はダメロン・ナンバーの中でもよく演奏されている名バラードで、ダメロンがサラ・ヴォーンのために書いた曲。これも大好きな曲。

この記事のURL | Jazz  Piano | CM(14) | TB(0) | ▲ top
多摩川の花火
2006/07/23(Sun)
日曜日に行われた東京では一番早い調布花火大会。
多摩川の2箇所で打ち上げられる1万発は見ごたえありですが、2箇所同時写真がカメラにおさまりませんでした。
風が全くなかったため煙で夜空が白くなり、少し花火が見えにくくて残念。


20060723223728.jpg

20060723223742.jpg



暑いのに、
お気に入り玄関マットでゴロゴロスリスリ。

20060724094400.jpg

この記事のURL | おでかけ | CM(19) | TB(0) | ▲ top
レイトでパイレーツ・オブ・カリビアン
2006/07/23(Sun)
映画はレディースデイか、レイトが多いのですが、みてきました。
前作から3年「パイレーツ2」!!
映画のことを書くのは初めてかもしれません。ジョニー・デップが好きなもんで(#^.^#)
これから観られるかたはこの先読まないほうが良いかもです。

前作とのつながりが大変重要なので、おさらいしておいた方が良いです。
今回のは小技の効いた笑いが多いこと~。
ジャック・スパロウがもちろん最も輝いており、ウィルもエリザベスも、かっこいい。前作に比べると、イカやらタコやらの怪物映像にアホらしいと思う反面(冷めてるわたくし)、ここでなんで死なないのっていう場面もありですが、それなりに最後まで楽しめました。
トム・クルーズの「宇宙戦争」よりはずーーーっっとよかった。
驚きの結末で、まだ続く気配のパイレーツですよ~。


こちらは金曜日の雨模様の横浜港



20060814100457.jpg

この記事のURL | 横浜 | CM(23) | TB(0) | ▲ top
鉄仮面のハロルド・メイバーン
2006/07/21(Fri)
20060721194056.jpg
ハロルド・メイバーン・トリオ/ Kiss Of Fire

関内でランチをしたのですが、その模様を書こうと思っていました。でも、訪問していただくかたは私のつまらない日常や地域情報を知りたい方ではなく、ジャズ好きなかたが多いので今日のお出かけ情報はお休みしますね。

ブログでのジャズは古いものが中心ですが、今日は以前から書きたかったものを紹介。でも最新のものといっても詳しくないのでよくわからないのですが・・。

ハロルド・メイバーントリオ。実は全アルバムを揃えてしまってます。
ハロルド・メイバーンは、マイルス・デイビス、ウエス・モンゴメリー、スタンリー・タレンタイン、JJ・ジョンソン等の偉大なジャズメンと活動し、2002年「キス・オブ・ファイアー」がSJ誌ゴールドディスク賞を受賞。現代の最高峰のジャズピアニストの一人です。

アルバムでは冒頭からメイバーンの特徴ある力強いピアノでノリノリで始まり、全曲捨て曲なし。一気に聴ける楽しいアルバムでこれはメイバーンの最高傑作。
とくに私の大好き曲「bluebossa」「Orfeu Negro」入りで、このボサノバが全く別ものに聴こえるのも凄い!

容姿は黒人ジャズメンおきまりの、鉄仮面の巨体ですよ~(^^♪


この記事のURL | Jazz  Piano | CM(18) | TB(0) | ▲ top
スタン・ゲッツ(TS)/ West Coast Jazz
2006/07/21(Fri)
WEST_COAST_JAZZ.jpg

スタン・ゲッツ(TS)/ West Coast Jazz
Conte Candoli(TP)Lou Levy(P)Leroy Vinnegar(B)Shelly Manne(DS)

新らしいめのものを書いたら落ち着かなくて、消してしまおうかと思いました(笑
立て続けにテナー比較。昨日のハリーアレンとは全く年代が違います。

スタンゲッツは60年代のジルベルトとのボサノヴァのヒットで知られますが、もとはスィング、ハード・バップ系のテナー奏者。 ゲッツも麻薬がらみな話題が多いのですが、ジャズメンに関して私的にはそういうのは気になりません。(こんなことを言ってもよいのだろうか・・)
チックコリアとのセッションや、晩年のものに良いものがあるのですが、私は50年代のものが最も好き。

本作はウェスト・コーストの最強メンバーとのセッションで、サイドメンを見ただけで楽しい音が聞こえてきます♪
「A Night In Tunisia」「Four」は小気味良いテンポで全員がノリノリでとっても楽しいです。
「Suddenly It's Spring」は、ゲッツがソフトでかっこいい。
こだわりのジャケットも可愛い(^^♪


この記事のURL | Jazz  Sax | CM(21) | TB(2) | ▲ top
ジェフ・ベック、KISSが富士スピードウェイに!
2006/07/21(Fri)
昼に夜に出没する横浜某所。
ここは6~70年代ロック&ブルースが好きなおちゃめなポニーテールのマスターがアイドルのお店。女の子はサーファーのゴクミ風味な子がとってもチャーミング。店内では時々ライブも行われ、お食事もお酒もケーキもなかなか良いです。
ついつい行きたくなるお店ってあるんですよねー♪

ジャズとは全く関係のないお店ですがお気に入りです。

お店にもライブ情報がありましたが明日富士スピードウェイが凄いんですね。知人は行くそうなのですが、ジェフ・ベック、KISS、サンタナ、ドゥービーです。
当日券がまだあるそうですがこれに行かれるかた、うらやましい。
16000円だもんね。メンバーからすればお高くはないのですが、私は昔の彼らのほうが好きだしな~・・・

ジャズ好きなかたにはこれも全く関係のない話ですね。


20060721095627.jpg

この記事のURL | 横浜 | CM(24) | TB(0) | ▲ top
ハリー・アレンのボサノヴァ
2006/07/20(Thu)
00000416490.jpg
ハリー・アレン(TS)/Dreamer

暑いと爽やかな音楽を選びたいですね。夏になると必ず聴くボサノヴァ。
超定番では「スタン・ゲッツ/ジルベルト」ですが、今日は白人テナー奏者ハリー・アレンのボサノヴァのアルバム。
これはいそしぎに釣られたアルバムで、ハリーアレンをよく知りませんが、このアルバムではボサノヴァの定番の他にジャズスタンダードものがアレンジされていて面白い。チュニジアの夜が○。

ハリー・アレンはスタンゲッツ、ズートシムスを崇拝し、ボサノヴァを取り上げてから今ではボサが定着しているようです。
このひと、30代。もっとおっさんだと思ってた。
(あ~ダメだ、中途半端なぽっちゃり、きらい←音と関係ないのにヒソカに容姿重要。)

初めてボサノヴァを聴いた子供のころは、
これどこの国の音楽?言葉も聴いたことのないなんちゃら語だし・・・と思ってたのですが、これが後にボサノヴァだと知りました。軽快なリズムと明るさ、そしてなんとなく哀愁をあわせ持つ不思議な魅力がボサノヴァにはあります。

ボサノヴァは1960年代の初めアストラッド・ジルベルトの歌う「イパネマの娘」が大ヒットして有名に。日本では特にボサノヴァのファンが多いと言われていますが、本国ブラジルではボサノヴァは一時的に流行った完全に過去のものであり、現在ではほとんど聴かれていないそうなのです。
ふ~ん・・・


この記事のURL | Jazz  Sax | CM(14) | TB(1) | ▲ top
猫のお手手フェチ
2006/07/20(Thu)
年代性別関係なく共通項があるかたと出会えるネットは楽しいですね!
このようなネタなしブログに訪れてくださり、コメントをいただけるのはとってもうれしいです。
共通項がなくてもブログ内容に興味があり、そして書いているかたにも興味がある場合はおじゃましたくなりますよね。良いお付き合いを続けるためには、ネットだからこその文字の交流は大切だと最近は特にそう感じます。

3日坊主で日記さえ書けない私が続けているのも、皆様との交流のおかげです。


猫のお手手フェチですが、タマのお手手の裏側はこのようになってます。
って、猫と暮らしているかたには当たり前の裏側だけど。


20060719200449.jpg

この記事のURL | たま | CM(30) | TB(0) | ▲ top
グラミーのディー・ディー・ブリッジウォーター
2006/07/19(Wed)
UCCU-5312.jpg
ディー・ディー・ブリッジウォーター /Love and peace a tribute to Horace Silver


50~60年代ものばかりが名盤ではないと思うので、今日は新らしめ(私にしては)のアルバム。

私はジャズヴォーカルものはあまり聴かないため、昔の人をあまり知らないのですが、ホレス・シルヴァーのアルバムでもチラッと書いた、ヴォーカルのなかでも大好きなディー・ディー・ブリッジウォーター。
サド・ジョーンズ&メル・ルイス・オーケストラに所属、フュージョン最盛期にはジャズ・ヴォーカリスト冬の時代があり、ジャズシーンを離れていた時期もあるディー・ディー。エラ・フィッツジェラルドのトリビュート盤「Dear Ella」がグラミー賞最優秀ジャズ・ヴォーカル賞を受賞した事で名実共にディーヴァの仲間入りを果たし、ステージはいつもパワフルでかっこよくそれが昨今の人気に繋がっているのでしょう。

このアルバムは、ファンキー・ピアノの元祖ホレス・シルヴァーの代表的ナンバーに詩をつけて歌曲化した作品集。ディー・ディー40代の半ばの時にエネルギッシュにソウルフルに歌ってます。

ゲストにはホレス・シルヴァー本人!
そしてオルガン・ジャズの巨匠ジミー・スミス。
ディー・ディー、スキャットも上手いですっ!これはとっても楽しいアルバム。
そしてあわせてシルヴァーのアルバムも聴くべし。

この記事のURL | Jazz  Vocal | CM(28) | TB(0) | ▲ top
タマ おなかがタプタプ
2006/07/18(Tue)
うだる暑さが続いていたので、タマもさすがにノビていました。
タマの日常を中心に書いていたので、私のつまらない日常はほとんど書かないブログです。
カメラを持ち歩く習慣がない私なのですが、(必要なら携帯電話のカメラで撮る程度だったので)でも持って出かけると景色やものの見方が変わるのですね。デジカメを買い換えたばかりなので、一眼が欲しい~と言うと、ムダだと怒られそうです。
だんだん「何ブログ」なのかわからなくなってきましたが、中心はタマとジャズのつもりです。
なんでもありな裏ブログを作る話もあるのですが(勝手に思ってるだけ)開設しましたら裏ですからもちろん内緒ですが。

おなかのタプタプが邪魔して、起き上がるのにも一苦労。
よいしょっと掛け声が必要なタマ。

20060715204436.jpg

この記事のURL | たま | CM(25) | TB(0) | ▲ top
ファンキーの代名詞ホレス・シルヴァー
2006/07/18(Tue)
bn_horace_silver_4076.png
ホレス・シルヴァー/Doin' the thing


ただのジャズピアニストではない、ファンキーの代名詞ホレス・シルヴァーはどれを聴いてもハズレ無しでした。

ノー天気なファンキーピアニストとは少し違っており、 あの時代にオールバックのヘアースタイルに三つボタンスーツで、手は休みなく動き回り凄いドライヴ感でグイグイ引っ張っていき、たまりません。 シルヴァーのリズムとコードに魅せられたら二度と抜け出せませんよー。
ライブはこうでなきゃ~と思うアルバム。

彼の作品にはエキゾチックな匂いのするものが多いですが、シルヴァーに流れる西インド諸島の血があの独特なメロディーを産み出すのでしょうか。
作品に完璧さを求めるホレス・シルヴァーは、行き当たりばったりのライヴ録音を嫌ったといいますが、本作はヴィレッジゲートにおけるライブ盤で、冒頭からのりのりファンキー色濃厚。
「Filthy McNasty 」は、ディー・ディーのアルバムにも入っており、楽しく明るく華やかなホレス・シルヴァーの魅力たっぷり。
「Doin' The Thing」タイトル曲のこのかっこよさ♪



この記事のURL | Jazz  Piano | CM(16) | TB(0) | ▲ top
横浜国際花火大会
2006/07/17(Mon)
毎年恒例、海の日直前の日曜日に横浜山下公園で開催される「国際花火大会」今年は16日に行われました。
7,000発の花火が打ち上げられ観客は30万人とも40万人とも言われるのですが、見る場所は変わりますが私は毎年必ず見ていました。
以前は、休日ではなかったのですが海の日になってからの混み方はものすごい。
見る場所によって、背景がベイブリッジだったりランドマークタワーだったりで夜景も楽しいのですが、今年はダメ。中華街で食事の後だったためすでに大混雑、行った時間と場所が悪かった。
混雑をさけ、花火を満喫するのは船上が最適。
山下公園の花火を見ると夏だぁ~という気分になるなぁ。
横浜だいすきー!

yokohamahanabi001.jpg


2001f01m.jpg

この記事のURL | 横浜 | CM(33) | TB(0) | ▲ top
恵比寿のガーデンプレイスでランチ
2006/07/14(Fri)
tanchanと恵比寿ガーデンプレイスでランチデートをしました。
ここ、仕事でパーティの時に何度か訪れているのですが、夜しか来たことがなかったので外観がこうなっていたなんて初めて発見したという、ぼーっとしているわたくし。

今回もおしゃべりが止まらず、
しかしtanchanはシンデレラガールのため時間切れになり残念。
私はおしゃべりが面白すぎたためまたおなかがすいて、ラーメンを食べて帰りましたよー。
ダイエットちゅうのtanchanは、このランチで今日の食事は終わりといっていましたが、さて、どうだったのでしょう(笑
ダイエット必要ないっていってるのにねぇ・・・
一般的にみてtanchanはほっそりしてますんです!

20060714195938.jpg

   20060714195956.jpg

    20060714200012.jpg

この記事のURL | おでかけ | CM(21) | TB(0) | ▲ top
腕立てにゃんこ
2006/07/13(Thu)
またまたおもしろい画像。
お友達のアレッサさんからお借りした腕立て筋トレにゃんこ。
可愛くけなげにずーっと腕立てしてます~。

         20060712175533.gif



タッ、タマ~。見てる場合じゃない。
おなかタプタプなのですから、タマも見習って筋トレですよ。
20060712213120.jpg

この記事のURL | たま | CM(24) | TB(0) | ▲ top
懐かしい街
2006/07/13(Thu)
20年暮らした横浜○○に所用で行って来ました。
この街でやった釣りやクルーザー、テニスが懐かしく、
もう来ないかもと思うと(そんなこともないはずだけど)いつもは持たないカメラを持って出かけてきました。
20060713190450.jpg

この記事のURL | 横浜 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
かわいいチロリアンランプ
2006/07/12(Wed)
今朝は珍しく5時に起きました。
そしてベランダのお掃除、みずやり、(早朝にきっと近所迷惑)ランニング(したことにする)
花がテーマのブログなのに、すっかりお留守になってます。たまには花の話題をと思うのですが・・・

チロリアンランプ可愛いです^^
20060712124926.jpg


植え替えたこぼれダネのブリエッタらしい花、大きくなりました。
先祖帰りしたらしく、昨年のブリエッタの気配はありません。紫や白もちらほら出ていて面白いです。
20060712123953.jpg


日当たりがない玄関に置く予定のニューギニアインパチェンス。
1年草ですが夏中咲いてくれるのでこれは毎年。30センチコンテナに二株植えました。
20060712124013.jpg

この記事のURL | | CM(15) | TB(1) | ▲ top
笑う猫
2006/07/11(Tue)
私はクーラーに弱く、エアコンのせいなのかどうなのか朝から頭痛がひどくひきこもりしてました。皆さんも体調崩されませんように・・

タマも暑くてぐったりしてます。そろそろお風呂に入れてあげなきゃ。

最近発見したのですが、この角度でタマを撮ると、タマの笑っている顔が撮れます。この口元がなかなかおもしろいです。
猫も笑うんだ~(#^.^#)

暑いなかネタ不足なブログに訪問してくださったかた、さわやかなタマの笑顔をどうぞ♪


20060711191224.jpg

この記事のURL | たま | CM(32) | TB(0) | ▲ top
ダイエットしてはリバウンド ○十年~
2006/07/10(Mon)
ダイエットのお話。
女性ってダイエットは一生ついてまわるのでしょうか。私も万年ダイエットの気配ですが、めずらしく今年は食制限はまだ未経験です。

昨年私も流行?の炭水化物抜きをやってみました。お米麺パンが大好きなので、これはかなりキツイです。食べないのだからすーっと3キロは落ちるのですが、でも食事を戻すと即リバウンド。2~3キロ落としてはリバウンド、この○十年繰り返してます。
でも何もしないで放っておくと、絶対にだらーんとなるいっぽう、これ、わかってるんです。
なので、早めに手を打つ。私の場合2キロ増えると身体が重く限界です。何もしないで放っておいてもなんとかなる20代とは違い、自己ベスト体重と体型の意識と維持は重要。特に○歳以上!ランニング、筋トレやろうね。

タマは、最近おなかがデブデブしてきてます。食べて寝てるだけなのだからあたりまえ。


20060710101545.jpg

この記事のURL | たま | CM(26) | TB(0) | ▲ top
オルガンのラリーヤング
2006/07/10(Mon)
unity.gif
ラリー・ヤング/ Unity

ジャズは何を書いたのかわからなくなってきました。先日カテゴリーを整理しましたが、猫あり花ありでごちゃごちゃだなぁ。いったい何ブログなのかわからなくなってまーす。

暑苦しいと言われそうですがオルガン。王道のジミー・スミスと、黒いジャック・マクダフを書きましたが、忘れてはいけないラリー・ヤング。ジミー・スミスのソウル・オルガンとは一線を画したシャープなオルガン・スタイルです。オルガンジャズという範疇を超えて、60年代ジャズの良さが満載のアルバムだと思います。

このアルバムでは、ウディ・ショウ、ジョー・ヘンダーソン、エルヴィン・ジョーンズという最強のサイド。

ウディ・ショウのオリジナル曲「Zoltan」はハンガリーの作曲家ゾルターン・コダーイのこと。歌劇『ハーリ・ヤーノシュ』からモチーフがとられている。ウディ・ショウは演奏のほうでも切れ味鋭くフレッシュなフレーズを連発。このひと好き。
ジョー・ヘンダーソンの集中力が素晴らしく、ジョーヘンが最も輝いていた時期。エルヴィン・ジョーンズは重量感のあるドラムがあおりまくり、完全燃焼。興味を持たれたら騙されたと思って聴いてみてください。



この記事のURL | Jazz  Organ | CM(18) | TB(1) | ▲ top
にこたまの第一園芸
2006/07/08(Sat)
時々お花を見るにこたまの第一園芸。
いつ行っても寄せ植えやディスプレイが大変おしゃれで、同じ花でもホームセンターとは全然ちがうので、ここに来ると時間を忘れます。
こちらで購入した苗は良いものが多い気がします。でも適度にお高いのですが・・・

20060708213621.jpg

20060708213601.jpg


見たことない色のダイアンサスだったので買ってみたのですが、
他の花と色が合わない~。
寄せ場所検討ちゅう。
20060708213745.jpg


ひまわり、小学校の種蒔き観察以来で、最近のは小型なんですねー。
可愛くて買いましたが、バイクだったため他の花もかなりつぶれてしまった。
20060708213802.jpg

 
この記事のURL | | CM(27) | TB(0) | ▲ top
にゃんにゃん返事
2006/07/07(Fri)
せっせ、せっせ
・・・・・・っと顔を洗うタマ。
20060706174632.jpg


「タマ、ごはんよ~」
「にゃ~~~ん」
20060706175218.jpg



・・・・
「にゃんにゃん返事すればblueroseは機嫌がいいから、返事だけしとこ。
フン<(`^´)>どうせ残ったカリカリじゃん。 爪カリカリの方がいいや」
20060706174706.jpg


朝の残り物のカリカリの上に、カリカリ少々乗せてごまかした、カリカリ夜ご飯、
食べないで無視します。 
すっ、すみません。手抜きしました。
この記事のURL | たま | CM(48) | TB(0) | ▲ top
めずらしいタマの昼間の写真
2006/07/05(Wed)
猫と一緒に寝るかたも多いのでしょうか。
いままで沢山猫と生活したのですが、寝る時も朝まで一緒の猫は初めてです。
枕の横にいるので、おかげで朝起きると顔が毛だらけ。
しばらくの間、起きたら顔の横にタマのお尻、という状態が続いていた。それが最近では、私が目が覚めるとタマが枕の横で顔を覗いているので、まず最初に目が合います。起こせばいいのに、起きるまで顔をみてるらしいヘンなタマ。

タマは昼間大半寝てるので、起きてる写真はほとんど夜ばかりになりますが、今日の写真はくつろいでいる(?)午前中のものです。


20060705123821.jpg

この記事のURL | たま | CM(39) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。