2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
夏休み
2007/08/27(Mon)
清里
駅周辺は平日にもかかわらず人でいっぱい。
20070827195652.jpg


清里アクアリゾート 天女の湯
ここの温泉は初めて。
プールありで子供連れは大半がプールへ行くため、露天風呂はゆったりしていてラッキーだった。
20070827195626.jpg



NHK風林火山のオープンセット地 「風林火山館」
井上靖の「風林火山」は甲陽軍艦を元に書かれた、武田信玄の軍師である山本勘助を主人公とする小説であり、NHK大河ドラマ。
武田家は甲斐一国を平定し、信玄公の時代に信濃や駿河へと勢力を拡大したが、城というものを持たず城の代わりに築いたのが広大な館。
その館を大河ドラマのロケのために再現したもの。
設営場所は県営牧場で、昔から立ち入り禁止で周囲は森で鉄条網が張られている場所。ロケがあっても見学は不可能。
20070827195359.jpg

20070827195322.jpg

主殿
20070827195333.jpg




八ヶ岳高原の高原ホテル小淵沢リゾナーレ
高級感に溢れおしゃれな建物だけれど、
ショッピングやお食事はあまり期待はできません。
20070827195552.jpg

20070827195608.jpg


リゾナーレのお店で発見!
昭和初期のノスタルジーなノリタケ 5点セット8万円也
20070827195457.jpg


おまけ
小淵沢のガラス教室にいた イングリッシュコッカー
20070827195431.jpg

20070827202513.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | おでかけ | ▲ top
夏休み
2007/08/27(Mon)
八ヶ岳で涼しいお休み~
20070827012206.jpg


勝手知ったる(?)お気に入りの場所で、 
涼しい朝を迎えました。
20070827011845.jpg



ギンギンに炎天下の白樺湖
この炎天下に車オープンにして走るとは
日射病にする気かよっ! 
20070827005740.jpg

20070827010936.jpg

20070827005841.jpg


知人のいる長野松本へ。 
道中軽い日射病と車酔いで気分が悪くなったのである。。。
松本城
20070827011203.jpg


諏訪湖の夜景に感動♪
20070827011117.jpg

この記事のURL | おでかけ | ▲ top
旧白洲邸  『武相荘』
2007/05/26(Sat)
20070528095409.jpg


まだまだ近くにこんな素敵な緑濃いところがあった。

小田急鶴川駅から車で5分ほど  『旧白洲邸 武相荘』 
ここは骨董や美術著書で知られる奥様の白州正子さんが、以前何度か紹介されていて(そのころは非公開)
その名のとおり、白洲次郎氏の邸だったところで、現在は博物館として一般に公開されています。近辺は丘陵地の真新しく美しい住宅街で、武相荘への路地裏に入ると、この一角だけ時が止まったように景色が一変。

白洲次郎氏が東京からこの地への移住を決めたのは1939年。この時期既に東京空襲と日本の敗戦を予見し、「武相荘」と名づけたこの地で農業を営みつつ情勢に目を光らせていたという。

『武相荘』入ってすぐ左の休憩所は、愛車ポルシェ等を停めていた駐車場。


20070528095352.jpg



20070528095505.jpg



20070528095454.jpg



その奥に進むと、今ではなくなってしまったとおもわれる昔ながらの日本の家。
母屋の中は展示場となってます。(邸内はカメラ禁止)
20070528124508.jpg


入るとすぐ、農家の土間を改造した床暖房付きタイル敷きの客間、置かれていた革張りソファは吉田茂の遺品なのだそう。
奥様正子さんの愛用品や、「葬式無用・戒名不用」の遺言書、大工仕事で作られた実用を重んじる家具などが残されていて、当時の様子と人となりが窺いしれる。

正子さんの著書では、古いもの、一流の物を日常に取り入れた生活は創造力にもあふれ(どうせ 超上流階級~ "^_^")、本当の美とは何かを教えてくれます。単に愛でるのではなく日常使いにしていた白洲ご夫妻の卓越したセンスに感銘を受け日本の美意識を再確認できます。夫妻のような生活ができたら素敵だろうなあ。

そして昔のご夫妻の写真を見ると、共に戦前の海外留学をこなされあの時代なのに日本人離れしたあの風貌、日本で最初にジーンズをはいた男と言われる白洲次郎氏そのカッコよさに驚いてしまう。

それにしても分厚い柱や床の母屋の頑丈な造りにはびっくりで、 こんな家、いまの日本では作れないだろうなぁ。今ではほとんど見られないとおもわれる茅葺き屋根の古民家は美しく、懐かしく暖かい気分になります。こういうものが、いまの日本からなくなってしまったのは、寂しい気がします。

        DSCN2567.jpg


20070528124442.jpg

この記事のURL | おでかけ | CM(14) | ▲ top
春彼岸
2007/03/18(Sun)
暑さ寒さも彼岸まで・・・
四季がはっきりしている日本では、寒い冬を過ぎ春の訪れを待ちわびる。ところがこのあいだまでの暖かさから冬に逆戻りしたような、3月中旬を過ぎたとは思えないこの寒さのなか、今日は親戚のお墓参りへ宮ヶ瀬湖に行ってきた。
このところ気温差が特に激しいので、体調を崩さぬように注意せねば。
気分は春に向けて、暖かくなったらどんな服を着ようとあれこれ考えるのも楽ち♪



20070318181519.jpg

この記事のURL | おでかけ | CM(16) | TB(0) | ▲ top
道志川温泉で森林浴
2007/02/13(Tue)
近場に片道1時間ちょっとで温泉、というスポットが点在しているので、思い立ったら温泉に・・・と出かけられるのがうれしい。都内横浜などのスパ系は好きではないので、少し遠出してでも行きたい温泉。

知人おすすめの山梨の温泉へ行ってきた。道志は昔キャンプをしたことがある地ですが、ここでの温泉は初めて。都心からさほど離れていないのに山奥へ来たような雰囲気で、車好きバイク好きにはこの山道ドライブが楽しい。

道志川温泉は3種の温度が異なるお湯があり、全てに源泉掛け流しと記載。そして露天風呂は岩風呂で、眺望は圧巻。両側が道志渓谷の緑で覆われ、露天風呂からは道志川の渓流を見下ろすことが出来、しっかり森林浴ができました。宿泊可能ですがここは日帰りで充分楽しめる。
 
20070213155607.jpg

20070213155643.jpg

20070213155710.jpg


立ち寄ったおいしいコーヒーに出会ったお店。ブレンドが650円。
この値段、「こんな田舎でコーヒーのくせに、高っ!」 と絶対に思います。でも、こんな田舎でコーヒーに満足できた!・・と、お高いけどリピーターになるかもと思えた店。高価なカップ、食器を使用していたので妙に感激、そしてジャズが流れていた♪うちの近所にはおいしいコーヒーが出てくるこの雰囲気のお店がない!!
20070213155758.jpg

この記事のURL | おでかけ | CM(22) | ▲ top
奥湯本の温泉
2007/01/22(Mon)
温泉に行ってきました。
箱根には温泉施設が数多くありますが、箱根温泉郷の表玄関口にある湯本温泉は、温泉地の中でもっとも歴史が長く、かつ最大の温泉街。1時間ほどで気軽に行けるのがうれしい。
この日は、高速も急カーブ続きでもコロコロとよく走るこの車で。マニュアルに切り替えての運転が楽しい車♪

20070122170620.jpg


鬱蒼とした箱根旧街道、奥湯本にある天山は特に人気が高いところ。フロントは高級ホテルの趣きがあり、ラウンジ休憩室が完全に分離されているので混雑や雑然とした雰囲気はなく、ゆったりとくつろげました。できれば混雑しやすい休祭日を避けてのお出かけをおすすめ。

温泉はお湯の温度が異なる5つの露天風呂で、5本の源泉、2種類の泉質、日量37万リットルを湧出する豊富な高温泉。注水による冷却で薄めたりせず、熱交換システムで温度を下げ、溜め置きをしないで、生まれたばかりの温泉100%を掛け流しにしているのだとか。
そして環境を配慮し、分解しきれない合成界面活性剤のシャンプーを置かずに固形石鹸を置いている。特に持ち込み禁止ともうたってないので、皆が「マイ・ボディソープ、シャンプーセット」を持っていたけどなぁ。
ここは露天風呂からの眺望がないのが残念。

20070122170644.jpg

20070122170700.jpg


「2週間前に来たばかりだね。」といいながら、また立ち寄ったのがこの甘酒茶屋。
店内では前でも横の席でも、あべかわ餅と甘酒の写真を撮っている人達がいるので、「この人達もブログやHPに載せるのかな。」と、ついつい思ってしまうけど・・・私は今だ恥ずかしいので、何処に行っても食事前のお皿の写真は撮れません。

20070122170733.jpg

この記事のURL | おでかけ | CM(40) | TB(0) | ▲ top
初台のオペラシティ
2006/12/18(Mon)
数名の方からご連絡をいただき気づいたのですが、昨日から皆様のコメントエラーが続いているようです。今日も私のコメント・レスも書けなくなっているのですが、原因がわかりません。
解決策がありましたら、お知らせいただけるとうれしいです。


soukichiさんのお友達が経営されているお店Place Operaにでかけてみたくて、
昨日新宿初台のオペラシティに行ってみました。
これは店内ですぐに目に入ったお姫様みたいな猫!!
      soukiti3.jpg

フランスブルターニュ地方のカンペール陶器やベルギー・ゴブラン織の専門のお店で、もう入り口のディスプレイからワクワクしてしまいます。眺めているだけでも楽しい。
特にゴブラン織りは高価で重厚ですが、アンティーク好きにはたまりません。
昨日はお買い物ができませんでしたが、私専用の猫とバラのゴブランクッションが欲しいよ~。
soukiti1.jpg


オペラシティのクリスマスイルミ。
20061218095149.jpg


この記事のURL | おでかけ | CM(23) | TB(0) | ▲ top
八ヶ岳その3 
2006/11/16(Thu)
八ヶ岳その3。
先日の写真を整理していたのですが、やはりブログにも記録しておきたいので載せておきます。

千ヶ滝。
いくつかの滝がありますが、こちらは急な階段でしかも足場がとても悪く、こんな階段で滝までたどり着けるのか不安でしたが、階段を下りきった時に見た光景には圧倒されました!
とにかく水量が多い男性的な滝。
しかも虹がかかっていました。この自然のすばらしさ!!!
写真を縮小したら画像が悪くなってしまい残念。
20061116100155.jpg


今年の春夏の箱根では富士山が見えなかったので、今のカメラで富士山を撮るのは初めてです。
天女山からの富士。
ここからの富士と八ヶ岳連峰は絶景です。
20061116100443.jpg


こちらは観音平中間地点から見た富士。
八ヶ岳連峰の最南、編笠山の中腹、標高約1500mにある展望所では
南アルプス、富士山、眼下に小淵沢
という大パノラマが望めるそうですが、展望所まで3時間コース。
私たちは時間が足りず(体力も?)、中間点のここまでで引き返しました。
20061116100506.jpg


まきば公園からの富士。
夕刻になり空と富士が紫がかり、とても美しかったです。
この富士を見ながらの暮らしがうらやましい限り!
わが家からもリビングの右手に富士が見えますが、もちろん豆粒です・・。
なんだかな~。
20061116100522.jpg


八ヶ岳倶楽部
ここは柳生博さんがご家族で営まれている
カフェ、ショップ、ギャラリーなどが、広い雑木林の中に点在している素敵な場所。
奥様にお会いしました。写真撮ればよかったあ~
20061116102007.jpg


ギャラリーとステージではどれもお値段が凄いこと~!!
この日ステージでは私の大好きなステンドグラス展で、
窓際に見えるタワーが600万!
20061116102812.jpg


お願いしてステージ内の
写真を撮らせていただきました。
20061116102153.jpg

この記事のURL | おでかけ | CM(33) | TB(0) | ▲ top
八ヶ岳高原その2
2006/11/14(Tue)
八ヶ岳高原にある 夫の知人のお店におじゃましました。
緑とお花に囲まれた素敵なお住まいでのガーデンカフェ「バウハウス」では、お茶や軽食が楽しめます。
またこちらでは輸入車の雑誌や書籍・アート等の専門店でもあり、
眺めているだけでも楽しいお店です。

自動車生活雑貨店「バウハウス」HP
ガーデンカフェ「バウハウス」HP

20061114112519.jpg


空気が違うこの環境♪
20061114112604.jpg


暖かい季節にはテラスでのお食事は楽しく(テラスはワンコもOK)
時間が止まったかと思えるこの環境は、いつも帰りたくなくなります。
20061114114248.jpg



同じく八ヶ岳高原の カフェバー「チャンドラ」
ジャズとお酒で素敵な夜を過ごせるお店で、月一度ジャズライブも行われます。
旅行でホテルや旅館も良いのですが、食後にはたいていテレビをみてダラダラ過ごしてしまいがちで(なんか普段と変わらないような・・)、こちらでは好きなジャズとお酒とおしゃべりを楽しめ、そのまま宿泊可能なので、私たちのお気に入りです。
楽しいひと時をありがとうございました。

カフェバー「チャンドラ」HP

      20061114110620.jpg


好みのジャズを聴かせてくださいます。
お酒にくわしくない私なので、おまかせでカクテルを作っていただきました。けっこう強めのを沢山飲んだ気がするけど~♪・・"^_^"
04052837tyandora.jpg


チャンドラの気持ちいい朝。
朝食がとってもおいしかったです!!
そして、朝は私の好きなクラプトンをかけてくださいました。マスターの奥様もクラプトン好きです。
20061114113523.jpg


この記事のURL | おでかけ | CM(26) | TB(0) | ▲ top
八ヶ岳まきば牧場より見た富士山
2006/11/13(Mon)
皆様にレスが大変遅れております。
少しずつですがよろしくお願いいたします。

知人と夫と八ヶ岳に行ってきました。
高速道路は行きはスイスイ、
しかし昨日帰りの高速では延々工事渋滞でクタクタ!!

日曜は少々風が冷たかったのですが、今日月曜は風もなくぽかぽかで、お料理、温泉、ジャズ、おしゃべり満喫の楽しい旅行でした♪

本日八ヶ岳まきば牧場より見た富士山。
空気が澄み渡りとってもきれいな富士山で、箱根方面から見える富士とはまた違った表情です。
続きはまた後日書きますね~

20061116170142.jpg

この記事のURL | おでかけ | CM(13) | TB(0) | ▲ top
ウィーン 美術アカデミー名品展 !!
2006/10/03(Tue)
たんちゃんと、新宿東郷星児美術館の ウィーン美術アカデミー名品展 にいってきました
このコレクションは名門ハプスブルグ家の女帝マリア・テレジア(16人を出産し末の子どもがあのマリーアントワネット)の黄金時代に仕えたランベルク伯爵から寄贈された740点の絵画が基礎となっており、展示は話題作80点。
「ルネサンスから近現代」のドイツ、イタリア、オランダ、スペインと多岐に渡ります。
さすがにウィーンなのはなんといっても『女帝マリア・テレジアの肖像』。ハプスブルク帝国を率いただけあって貫禄があり気高いオーラがいっぱい。
当時はモーツアルト、シューベルツが活躍していた時代で、マリアは政治だけでなく芸術文化にも力をいれていた偉大な母。女帝マリアって凄いパワー!

このコレクション展、日曜日はものすご~い混雑だそうです。お出かけされる方は平日がおすすめ。

ランチはおしゃべりがとまらず、ケーキも山盛り食べてまたまた楽しかった!!
都内や横浜に ○十年住むのに、新宿で写真とったの初めて。
まるで観光客だな。ははっ。(*^。^*)

下を歩きながら見上げているとビルが高すぎてふらつくし、私。
どうも私、超高層ビル街は苦手です。
20061003182036.jpg


都庁 最上階54階からの眺望。
少し曇り空だったため、富士山みえません。
20061003182330.jpg

この記事のURL | おでかけ | CM(20) | TB(0) | ▲ top
秋彼岸
2006/09/24(Sun)
日中も過ごしやすくなってきましたね。
秋晴れのなか、品川にお墓参りに行ってきました。ここでもまたお祭ちゅうで、今日は阿波踊りに遭遇。意識していないのに、今年はお祭ばかりに出会ってます~。
今までは忙しいというばかりでお祭も意識してなかったのかもしれません。そんな時でもたまには立ち止まって景色もみなくちゃいけないですね。季節を感じて満喫する...うれしいものです。
そんなことも気付かずに毎日を過ごしていたので、悲しい限り。

クワズイモの植え替えようの鉢を捜し求めて、今日もみつかりません。
それと、先日シンゴニウムをハイドロに植えていたガラス器が割れてしまったので、それを植え替える底穴なしの花器もさがしてるのですが、これがなかなか大きさ形共に最適なものがみつからなくて・・・あとでネットで探そうっと。


国分寺でお茶したお店。
20060924210557.jpg


店内ではお香が焚かれていました。
草木染めやヘンプ素材の衣類、小物類が展示販売されており、グリーンに囲まれた不思議な雰囲気の癒し空間でした。
20060924212413.jpg

この記事のURL | おでかけ | CM(41) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。