2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
『Zoot』  と 『Zoot ! 』
2007/02/17(Sat)
zoot.jpg

Zoot Sims/Zoot
Zoot Sims(ts, ss), John Williams(p), Gus Johnson(ds), Knobby Totah(b)

黒いジャズが好きな私ですが、最近一番聴くことが多いのがズートです♪
あまりその音楽をよく知らなかったズート・シムズを、ニャンだジャズだのG・CATの飼い主さんから知り、ズート・シムズは私の愛聴盤、そして「集めたい病」になりました。

ズートはどのアルバムも歌心に支えられた暖かくて楽しいノリで、リラックスして没入できる、この心地良さ♪♪ 上手く表現できないけれどすっかり繰り返し聴いてしまうほど好きになり、リーダー作の全部収集をしたくなったジャズマンです。気に入るとしばらくそれだけで手一杯、収集癖ウズウズになる私。好きになるとズートとはどんな人だったのかいろいろ気になり、その生い立ちなどが知りたくなるものです。ズートの本は出てないのかなあ。

集めたい病のきっかけになった、このアルバム『Zoot』は痛快なワン・ホーン・アルバム、これからズートをというかたにもお勧めの一枚。寝転がりながら心地よいテナーに包まれたくなる、そんなジャズです。ピアノの John Williamsも聞き所。50年代ジャズの魅力を最大限に捉えたアルバムで、寺島靖国氏が著書の「JAZZリクエストノート」の中で、『920 Special』はまさにモダン・ファンにとってのキング・オブ・スィングの称号、これはズートのためにある』と仰ってます。
私は特に、『920 Special』『Bohemia After Dark』が大好き。優しいズートの音に触れる事ができ、繰り返しずっと聴いていたくなります。

Zootrev.jpg

Zoot Sims/Zoot!
Nick Travis(tp), Jack "Zoot" Sims(as, ts), George Handy(p, arr), Wilbur Ware(b), Osie Johnson(ds)

こちらは『Zoot ! 』。同名タイトルにビックリマークつき!サックスとトランペットの組み合わせで2管ならではの『Echoes of you、Fools Rush in』心地良い。
ジャズ好きならズート・シムズを堪能せねば!!



スポンサーサイト
この記事のURL | Jazz  Sax | CM(18) | TB(1) | ▲ top
Nearness of You: The Ballad Book /Michael Brecker
2007/01/18(Thu)
imgb786f16azikdzj.jpg

Nearness of You: The Ballad Book /Michael Brecker

1/13にマイケルブレッカーが白血病のため亡くなりました。享年57歳。闘病中だったことはきいており回復を祈っていたのにこの若さ、残念です。
好演は数多くあり日本でのライブも40回以上と言われ、私もブルーノートで聴きましたがJスコとのライブが印象に残っています。ブレッカーブラザースで幅広いジャンルでのセッション活動も積極的にこなし、兄ランディとのインタープレイは圧巻でした。
心よりご冥福をお祈りいたします。

私は数枚のアルバムしか持っていませんが、このアルバムはパット・メセニーのプロデュースで2001年に発表されたもの。
メセニーとブレッカーがとても優雅で、そしてインスト曲とジェイムス・テイラーのヴォーカル曲がとけ込み、サイドもハンコックにヘイデン、ディジョネットと豪華絢爛!!おすすめ。


この記事のURL | Jazz  Sax | CM(22) | TB(1) | ▲ top
『Round midnight』 映画とサウンドトラック盤
2006/10/24(Tue)
20061024125723.jpg

 Round midnight / Dexter gordon(ts)

ジャズの映画・・・といえば『Round midnight』
(1986年、フランス・アメリカ、ベルトラン・タヴェルニエ監督)
『Round midnight』のサウンドトラック盤です。

Round about midnight
セロニアス・モンク曲で演奏者によっては“About”抜きの“Round midnight”とクレジットされることもあり、多くのプレーヤーが取り上げているとても奥深い曲です。

映画『Round midnight』は地味ですが雰囲気のある映画で、ジャズ・ファンは流しているだけでもいい。私はこの映画、かつてビデオテープがのびるほど観た(聴いた)のですが、DVDで所有したい。ジャズファンだけの占有物としてではなく、ジャズを知らない聴かないというかたも、ジャズの雰囲気を感じることが出来る映画です。

1959年、ニューヨークからパリのジャズクラブ〈ブルー・ノート〉へやってきたサックス奏者の酒とドラッグに溺れた日々を描いています。ジャズの巨匠、バド・パウエルとレスター・ヤングの実話をもとに作られ、この二人に捧げる とのクレジットが流れます。(バド・パウエルは末期にはドラッグでボロボロ)

主人公のサックス奏者をデクスター・ゴードンが演じており、そのほか、ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、フレディ・ハバート、ロン・カーターなどそうそうたるメンバーが吹き替えなしで本物が登場します。ジャズファンは演奏を聴くだけでも涙もの。

映画初主演のデクスター・ゴードンは1986年のアカデミー賞で主演男優賞にノミネートされ、音楽監督も務めたハービー・ハンコックは作曲賞を受賞。
デックスは酒、ドラックで精神異常をきたし逮捕歴もあり、ブルーノートと契約してパリに渡り・・・という足跡はまさに『Round midnight』の主人公そのもの。 演じているというよりむしろデクスター・ゴードンそのものが映し出されていると錯覚をおぼえ、じつはこの映画の喪失感にあふれたデックスがあまり好きではなかったのですが・・

ジャズの凄み!
これはもう本物のジャズマンでなければ出せないということが理解できる映画です。



この記事のURL | Jazz  Sax | CM(24) | TB(0) | ▲ top
アーシーなハロルド・ヴィック
2006/10/18(Wed)
20061017183823.jpg

ハロルド・ヴィック(ts)/Steppin' Out!
Blue Mitchell(tp),Grant Green(g),John Patton(Org),Ben Dixon(Dr)

朝夕秋らしくなりました。
今日はアーシーなテナーマン、ハロルド・ヴィックの代表アルバム。
ジョンバットンのOrgにブルーミッチェルのtpがサイドに入ってます。
ここではまたしてもサイドに回っているグラント・グリーンが聴けます。

ハロルド・ヴィックはR&B畑での活動が主で、マクダフやパットンといったオルガン奏者との縁から、ブルー・ノートへの録音機会を得たようで、ヴィックの数少ない作品のひとつ。R&Bで鍛えられたヴィックのテナーとくれば、ソウルフルでアーシーなジャズ。このブルージーな曲の数々は、 メンバーを見ただけでも格好いい。

6曲ちゅう5曲がヴィックオリジナルで、オルガン・クインテットのアーシーな演奏。オルガンとテナーがお上品。
ワンホーンでデックスを思わせるスタンダード「Laura」もいいです。

ジャケットのウィンドウにカメラマンらしい姿がうつってるのがちょっとおもしろい。


この記事のURL | Jazz  Sax | CM(18) | TB(1) | ▲ top
ズート・シムスにハマル気配
2006/10/11(Wed)
20060928141155.jpg

Blues for Two / Zoot Sims with Joe Pass


ズート・シムスはテナーサックスの名手で、リラックスした大人の演奏を聞かせてくれます。
実は名前だけでズート・シムスをよく知らなかったのですが、
ニャンだジャズだオーディオだ!の G・catの飼い主さん が絶賛しておられ、興味を持ってからは3枚アルバムを聴きました。
私はまだまだズートを語れるほどではないですが。。

ズートを探してみると、私の初めてのズートはこの地味な一枚でした。共演はギターの名手ジョー・パスだけ。ジョー・パスを聴いていた時期に出会ったもので、地味ながら二人の至芸を存分に楽しめます。これはおそらく初心者は手にすることの無いような地味なアルバムですが、ジャズのもう一つの魅力を伝えてくれる演奏で聴きどころ満載です。

「Blues For Two」「Takeoff」はオリジナル。
「Dindi」はウエイン・ショーターの人気盤「スーパー・ノヴァ」での名曲。ゲッツのボサノバとは違った趣で、ズートが気持ちよさそう。
「Pennies From Heaven」ここでは軽やかにソプラノをやってます。

ズートのサックスは余分な説明が要らないほどとてもシアワセな気分になれます。肩に力の入らない心地よいスイング感と、まるで物語があるような歌心溢れるアドリブは素晴らしい。
ズートコレクションが始まりそうな気配♪
この記事のURL | Jazz  Sax | CM(22) | TB(0) | ▲ top
マリガン、モンクに文句?
2006/09/11(Mon)
20060911131838.jpg
Mulligan Meets Monk / Gerry Mulligan

ジェリー・マリガンとセロニアス・モンクの共演。
どちらがリーダーなのかわからないアルバムですが、そんなことはどっちでもいいこのアルバム。

バリトン・サックス・プレイヤーのジェリー・マリガンは都会的でクールなウエストコースト。共演者泣かせのモンクは、マイルスとのあの有名なクリスマス・セッションで「俺のソロのバックでは弾くな」とマイルスに言わせましたが、このアルバムはコルトレーンを従えてファイヴ・スポットに出演していたモンク最盛期の頃になります。

このミスマッチとも思える二人の組み合わせがなかなかです。
冒頭曲の「Round Midnight」から、二人が会話をしているかのような相性ばっちりなソロのやり取り。
「Rhythm a Ning」はモンク曲でヘンテコりんな曲ですが、マリガンのアドリブに誘発されたモンクがバックで頑張りました。
マリガンオリジナル「Desidedly」では、モンクが途中でピアノをやめてます。
俺の後ろで弾くな。とマリガンにいわれたのでしょうか(笑

このモンクとの共演をマリガンが望んだのだそう。
このスタイルが異なる二人の共演は互いに相手を刺激し触発するという良い形になってます。モンクワールドが好きな私には、おとなしくさっぱりとまとまりすぎた感はあるのですが、モンクが苦手なかたも安心して聴けるアルバムです。
この記事のURL | Jazz  Sax | CM(28) | TB(0) | ▲ top
スタンリー・タレンタイン おとなのジャズ
2006/09/07(Thu)
00000600588.jpg
Blue Hour/Stanley Turrentine & the Three Sounds

スタンリー・タレンタインは2度目になります。

このアルバムはジャズ評が抜群に面白いturuさんが「大人のアルバム」と評されていたものです。
turuさんのツボを得たアルバムレビューを読むと、同じアルバムのことを書くのは気がひけて書けにゃい・・・のです。50回以上100回は聴き込んだら書こうと思っているのですが、聴きたいものが沢山なのでいったいいつになるのかわかりません。

そこで秋も深まりそうな今日この頃ですから、もうそろそろでしょうか(^^♪
・・・・とういわけで
このアルバムはスリーサウンズとタレンタインのコラボレーション。
スリーサウンズはトリオで、ジーンハリス(ピアノ)アンドリューシンプキンス(ベース)ビルドディ(ドラム)。傾向としてはファンキーピアノトリオといえばわかりやすいでしょう。ファンキーピアノの代表格ホレスシルバーとは毛色はちがいますが。

タイトルにブルー、ハズレなしでした!!
夜のムードを演出しているジャケットがGoodなこのアルバムは、全編スローでブルーなけだるい雰囲気で、このジャケットのイメージのまま、大人のジャズです。
タレンタインのソウルフルなテナーとスリーサウンズの甘いトーンが朗々と響き渡り、これがとてもいい雰囲気ですよ~
軽めのスリーサウンズも、コ細工してなくて力強くたくまいタレンタインと混ざると、アーシーな味わい深い感じになるんですね。スリーサウンズもトリオアルバムよりも、このような伴奏に回った演奏のほうが個人的には好きです。
スリーサウンズはあまり好まないというかたも、これからの季節にソウルジャズの醍醐味をどうぞ。

タレンタインのリーダー作では「Sugar」「Cherry」のヒット作があり、サイドメンとしても名前がみられるのですが私は深く知らなかったので、ちょっと意識して聴いてみようと思います。

この記事のURL | Jazz  Sax | CM(28) | TB(2) | ▲ top
ウエストコースト・ジャズ
2006/08/08(Tue)
20060808113449.jpg
The Gerry Mulligan-Paul Desmond Quartet/Blue In Time

西海岸ミュージシャンの白人サックスということで、派手さはないのですが洗練されクールでありオシャレなジャズで、飽きることなく聴けるアルバム。

2サックスのカルテットでピアノがなくベースとドラムだけ。サックスの音色がシンプルに伝わります。ジェリー・マリガンの無機質なアドリブに引きずり込まれ、デスモントが本来持っている自由な演奏で秀麗なアドリブ・ラインを聴かせてくれます。ジャズの神髄です。
マリガンはピアノレスが多く、デスモンドはブルーベックやギターと共にやってますが、ここでのこのシンプルさは新鮮。
 
全曲気持ちよく聴けますが、特におなじみ「Body And Soul」は美しく絶品。
ファンキー路線を聴きなれていると、どれも同じように思えて物足りなかったりもするのですが、何十回ときいていると味が出てくるかんじ。
日常でじゃまにならない、ウエストコースト・ジャズのエッセンスたっぷりなそんなアルバムです。

この記事のURL | Jazz  Sax | CM(22) | TB(0) | ▲ top
ゲッツとJJのライブ
2006/08/02(Wed)
jj5145.jpg
Stan Getz with J.J. Johnson/At the Opera House

前回続けて紹介したゲッツとJJの組み合わせです。
アルバム枚数が膨大なスタン・ゲッツの、57年にライブ録音されたこのアルバムは、JJジョンソンとの夢の競演♪♪ ライヴでなければ味わえない演奏は必聴です。

この作品、レコード時代にステレオ盤とモノラル盤があり、演奏内容も違っており、後年1957年10月の別の日別の場所で録音されたものと判明したというのですが、CDには両日の演奏とも収められた、カップリングになってます。
「My Funny Valentin」はステレオとモノラル録音2曲入ってますが、モノラルがいい。
「Yesterdays 」に感激。
オスピーのピアノで始まる「It Never Entered My Mind」も鳥肌。

大物の顔合わせでライヴならではのこの熱気、聴いてみて下さい。



この記事のURL | Jazz  Sax | CM(26) | TB(2) | ▲ top
スタン・ゲッツ の2枚目
2006/07/31(Mon)
umanek46.jpg
Stan Getz & Jimmy Rowles/The Peacocks

関東では30日にようやく梅雨明け宣言がありました。
なのにさほどスカッと晴れてませんよ~

本国ブラジルではほとんど聴かれていないというボッサが聴きたくなりますが、そこでスタン・ゲッツ。
ゲッツの音楽は、夏の青い空と浜辺でパラソルが似合うでしょうか。
これはジャケフェチな私好みで◎ ボッサといいながら内容はボッサアルバムではありませんが。
 
実際のゲッツの私生活はまったく浜辺が似合わず悲惨を極め、酒と麻薬に蝕まれ無茶苦茶、公演では手を抜くはで、人間性に問題があろうかとも思えるのですが、ゲッツには絶えず創造性が溢れつづけ、一線で活躍し続けたのがすごい。
たとえ性格に欠陥があっても私生活がめたくたでも、ぐたぐた言いません。すばらしいものが聴ければそれで満足です。

いいも悪いも、好き嫌いは別として、
ゲッツがすごいのは、その時代に一番受けるものを取り入れてしまうところ。ゲッツがショーターの曲をやったり、エリントン・ナンバーをやってます。ここでは心に染みるゲッツの名演。
ジミーロウルズのピアノ&ヴォーカルをフィーチャーし、サイドにジョン・ヘンドリックスやエルヴィン・ジョーンズが加わり、ジャズの醍醐味をかんじる名盤です。

この記事のURL | Jazz  Sax | CM(13) | TB(0) | ▲ top
スタン・ゲッツ(TS)/ West Coast Jazz
2006/07/21(Fri)
WEST_COAST_JAZZ.jpg

スタン・ゲッツ(TS)/ West Coast Jazz
Conte Candoli(TP)Lou Levy(P)Leroy Vinnegar(B)Shelly Manne(DS)

新らしいめのものを書いたら落ち着かなくて、消してしまおうかと思いました(笑
立て続けにテナー比較。昨日のハリーアレンとは全く年代が違います。

スタンゲッツは60年代のジルベルトとのボサノヴァのヒットで知られますが、もとはスィング、ハード・バップ系のテナー奏者。 ゲッツも麻薬がらみな話題が多いのですが、ジャズメンに関して私的にはそういうのは気になりません。(こんなことを言ってもよいのだろうか・・)
チックコリアとのセッションや、晩年のものに良いものがあるのですが、私は50年代のものが最も好き。

本作はウェスト・コーストの最強メンバーとのセッションで、サイドメンを見ただけで楽しい音が聞こえてきます♪
「A Night In Tunisia」「Four」は小気味良いテンポで全員がノリノリでとっても楽しいです。
「Suddenly It's Spring」は、ゲッツがソフトでかっこいい。
こだわりのジャケットも可愛い(^^♪


この記事のURL | Jazz  Sax | CM(21) | TB(2) | ▲ top
ハリー・アレンのボサノヴァ
2006/07/20(Thu)
00000416490.jpg
ハリー・アレン(TS)/Dreamer

暑いと爽やかな音楽を選びたいですね。夏になると必ず聴くボサノヴァ。
超定番では「スタン・ゲッツ/ジルベルト」ですが、今日は白人テナー奏者ハリー・アレンのボサノヴァのアルバム。
これはいそしぎに釣られたアルバムで、ハリーアレンをよく知りませんが、このアルバムではボサノヴァの定番の他にジャズスタンダードものがアレンジされていて面白い。チュニジアの夜が○。

ハリー・アレンはスタンゲッツ、ズートシムスを崇拝し、ボサノヴァを取り上げてから今ではボサが定着しているようです。
このひと、30代。もっとおっさんだと思ってた。
(あ~ダメだ、中途半端なぽっちゃり、きらい←音と関係ないのにヒソカに容姿重要。)

初めてボサノヴァを聴いた子供のころは、
これどこの国の音楽?言葉も聴いたことのないなんちゃら語だし・・・と思ってたのですが、これが後にボサノヴァだと知りました。軽快なリズムと明るさ、そしてなんとなく哀愁をあわせ持つ不思議な魅力がボサノヴァにはあります。

ボサノヴァは1960年代の初めアストラッド・ジルベルトの歌う「イパネマの娘」が大ヒットして有名に。日本では特にボサノヴァのファンが多いと言われていますが、本国ブラジルではボサノヴァは一時的に流行った完全に過去のものであり、現在ではほとんど聴かれていないそうなのです。
ふ~ん・・・


この記事のURL | Jazz  Sax | CM(14) | TB(1) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。